衆院補選でも迷走! 蓮舫代表は民進党の「足かせ」か

写真拡大

■「民進党は鈴木氏の足を引っ張っているのか」

10月23日投開票の衆院補選で、東京都第10選挙区では自民党の若狭勝氏、福岡県第6選挙区では自民党追加公認の鳩山二郎氏が当選した。いずれもゼロ当確(開票率0%で当選確実)という圧勝だった。

そもそも東京10区は東京都知事に転出した小池百合子氏の地盤であるため、知事選で自民党東京都連からの除名を覚悟で小池氏を応援した若狭氏の優勢は決定的。福岡6区も6月21日に逝去した鳩山邦夫元総務相の弔い合戦だったため、次男の二郎氏が有利に選挙戦を展開した。

その中で特に苦戦を強いられたのが、民進党から東京10区に出馬した鈴木庸介氏だろう。豊島区生まれで、立教大学出身。NHKに就職した時は「豊島区担当」を志願したほどの郷土愛を持つ鈴木氏は、8年前に国政を目指して民主党(当時)の門をたたいている。

しかしこの時に東京10区の公認候補として選ばれたのが江端貴子氏だ。鈴木氏は江端氏が2012年と2014年の衆院選で落選し、政界を引退するまで待たざるを得なかった。そして衆院補選で念願の初出馬となった時、大きな困難が待ち受けていた。“小池百合子東京都知事”という「壁」と“蓮舫民進党代表”という「足かせ」だ。

告示された10月11日には、すでにその明暗は分かれていた。小池知事を迎えて池袋西口で行われた若狭氏の「第一声」には、下村博文自民党東京都連会長を始めとして、菅原一秀衆院議員や井上義久公明党幹事長ら与党の国会議員が10人以上も参加した。さらに二階俊博自民党幹事長が「ここに来る時に安倍(晋三)総理に電話したら、『16日に池袋に応援に行く』と言っていた」と披露。約500人の観衆とともに、大いに盛り上がっている。

一方で同日午後に大塚駅前で行われた鈴木氏の出陣式に集まったのは、200人に満たなかった。選対本部長を務める松原仁東京都連会長に続き、連合東京の岡田啓会長と蓮舫代表が演説したが、盛り上がりは若狭氏の街宣に及んでいない。理由は「野党統一候補」と見なされていた鈴木氏なのに、党本部によって野党からの応援を遮断されていたことだ。

それが露呈したのは、10月20日午後5時からTeNネットワーク2016が池袋駅前で開催した「市民と野党の共同候補鈴木ようすけ応援街頭演説会」だった。なんと鈴木氏本人は欠席し、彼の街宣車が“参加”していたのだ。そもそも同企画は同団体が鈴木氏選対に持ち込んだもので、10月18日に日程調整を求めた時には、20日午後5時からの鈴木氏の日程は空いていたという。しかしその後、選対は同時刻に練馬区内での日程を入れてしまう。これには地元関係者から怒りに近い声が上がった。

「平日の夕方にわざわざ住宅地で街宣しても、一体どのくらいの人が聞いてくれるのか。民進党は鈴木氏の足を引っ張っているのか」

さらには以下のような証言もある。

「民進党本部は鈴木氏を共産党と一緒に立たせないという方針。鈴木氏には蓮舫代表と馬淵澄夫選対委員長から直接、『参加するな』と連絡があった」

民進党執行部がこのように過剰なまでの共産党アレルギーを示すのは、共産党を嫌う連合への配慮のためだ。だが結果的に連合は民進党から距離を置いた。原因は鈴木氏ではない、蓮舫代表自身にあったといえる。

■「梯子を外された」連合の怒り

10月16日の新潟県知事選では、共産党や社民党、自由党が推薦する米山隆一氏が勝利したが、民進党は推薦を見送って自主投票としていた。また連合新潟は自民党と公明党が推薦した森民夫前長岡市長を支持していた。

ところが突然14日に蓮舫氏が新潟入りして、米山氏を応援したのだ。出馬が遅れた米山氏は序盤こそ劣勢だったものの、泉田裕彦前知事の支援も得て猛烈に追い上げていた。要するに蓮舫氏は勝ち馬に乗ろうとしたのだった。

しかしこれは民進党にとって完全な失敗だった。小沢一郎自由党共同代表からは「勝ちそうだから応援に行くというのは、野党第一党として主体性がなさすぎる。政権をとる気がないのなら、国民に対する背信行為だ。解散する方がいい」と手厳しく批判され、又市征治社民党幹事長からも「民進党は民意を読み誤った」と突き放された。

これらに勝る怒りを示したのが連合だ。

蓮舫氏の新潟入りについて野田佳彦幹事長が18日に謝罪したものの、神津里李生会長は20日の会見で「背信行為だ。我々は梯子を外された」と冷たく言い放った。連合東京の岡田会長に至っては、小池東京都知事に定期的な意見交換を求めて自民党へのすり寄りすら見せるとともに、22日夜に行われた鈴木氏の最終の街宣には顔も出さなかったのである。

こうした党本部の「迷走」ぶりは、様々な憶測を呼んだ。あたかも鈴木氏の足を引っ張るような方針に、「次期衆院選では、蓮舫代表が10区に出馬するつもりではないか」との噂すら流れている。その根拠となったのが、20日の夕方に10区内の小学校で行われた演説会だ。実はこの小学校は蓮舫代表の父親である故・謝哲信氏の母校で、それゆえに党本部から直々に会場の指定があったという。

「椅子を並べてせいぜい300席の小学校の講堂を会場にするには、弁士が安住淳代表代行、長妻昭東京都連会長代行、辻元清美衆院議員、山尾志桜里国民運動局長など、非常に豪華。長島昭久衆院議員もいた。不自然すぎる」

演説会に参加した地元関係者はこう訝る。ちなみに、24日の会見で野田佳彦幹事長は「鈴木氏は次につながる選挙をやった。次に当選させるのが蓮舫代表の役目だ」と述べている。

■小池知事の応援にもかかわらず「逃げた」票

そうした幾多のトラブルゆえか、鈴木氏の得票は4万7141票にとどまった。もっとも2012年と2014年の衆院選で民主党の江端氏が獲得した4万7493票、4万4123票とほぼ同じに見えるが、この時は共産党が候補を擁立しているため、共産票は含まれない。鈴木氏は「2万票余りある」と言われる共産票を含んだ上での数字である。

23日の投開票日の夜、落選が決まった鈴木氏は頭を丸めて現れた。東京10区と福岡6区で敗退した民進党は、馬淵選対委員長の名前で文書を出したが、蓮舫氏はコメントすら出していない。

では当確が打たれた午後8時ちょうどに、池袋駅前の選対事務所に喜びいっぱいで現れた若狭氏の勝利はどう評価すべきか。

自民党公認で公明党推薦の若狭氏が獲得したのは7万5755票だが、実はこれは東京都知事選で当選した小池氏と自民党と公明党が推薦した増田寛也氏の得票数を合わせた数よりも少ないのだ。もちろん投票率は知事選が59.77%だったのに対し、衆院補選は34.85%と低かったのも一因となっている。

しかし票の絶対数を見れば、都知事選では小池氏か増田氏に投票した人のかなりの数が、衆院選補選では若狭氏に投票していない。人気絶頂の小池知事が12日間の選挙戦で8日も応援に入ったのにもかかわらず、なぜ彼らは逃げたのか。

その予兆は投開票日の前日に見ることができた。若狭氏は「最後の訴え」を池袋駅前の広場で行った。20日に野党6党が行った「市民と野党の共同候補鈴木ようすけ応援街頭演説会」(ただし本人抜き)のまさに同じ現場である。

この時に集まった人たちは20日の野党合同街宣のおよそ6割で、小池知事を警備するために広場全体に配置されていたSPは、やや手持ち無沙汰の様子だった。その前に練馬で行われた最後の街宣に集まったのは80人だったという。たとえ組織的動員をかけていなかったとしても、FBなどで告知は行われていたので、その数はいかにも少なく思える。

勝利の女神・ニケはいち早く勝ちを知らせるために翼を持つが、その翼でまた別の場所に飛び去ってゆく。誰もその甘い余韻に永らく浸ることは許されない。

(ジャーナリスト 安積明子=文)