中国国防省前で行われた退役軍人による大規模な抗議活動(AP/アフロ)

写真拡大

「銃口から政権は生まれる」――。

 これは中国共産党政権を樹立した毛沢東の有名な言葉だ。中国国民党との内戦における毛沢東の勝利は、中国人民解放軍がいなければ成し得なかったのは間違いない。つまり、軍が共産党政権を誕生させた最大功労者であり、毛沢東は新政権では軍幹部を重用し、自らも死ぬまで軍権を放さなかった。それほど、軍は政権維持に絶対に必要だと思っていたことのあらわれであるである。

 ところが、今月中旬、中国国防省や中央軍事委員会など軍中枢機関が入る北京中央部のビル「八一大楼」周辺で、退役軍人による大規模な抗議活動が行われた。参加者は数千人から1万人以上との情報もある。毛沢東の言葉を持ち出すまでもなく、習近平政権にとっても軍は共産党一党独裁体制維持の要のなかの要であり、習近平主席も最高指導者就任後、ほぼ毎月、軍部隊を視察するなど重要視してきた。

 その軍に今、何が起こっているか。報道だけでは見えてこない、退役軍人の不満や具体的な要求を探った。

●衝突なきデモ

「道路が見えないほど、迷彩服の退役軍人で埋まっていた。全人代(全国人民代表大会=国会)開催の今年3月、100人くらいの退役軍人が集まったことはあるが、こんなに何千人ものデモは初めてよ」

 当時の模様を現場付近の商店店員は、米政府系放送局「自由アジア放送(RFA)」に、こう語るとともに、続々と集まった元軍人の人数は、11日早朝には最初の数百人から最終的に1万人以上に達したと証言している。彼らは歩道に座り込んだり、国旗を手に軍歌を歌うなど、極めて統制がとれており、彼らを取り囲むようにして警備に当たっていた武装警察部隊との衝突は起きなかったという。

 米国を拠点にする中国問題専門の華字ニュースサイト「博聞新聞網」によると、これは軍最高指導部が軍当局に対して、彼らを「怒らせたりしないように、礼儀正しく、丁重に対応せよ」などとの指示を出していたためだという。彼らとの交渉は党中央政治局委員の孟建柱・党中央政法委員会書記や人民解放軍の総政治部の少将らに当たらせた。

 と同時に、党指導部は11日夜、退役軍人の居住地である9つの省の省長に高速鉄道で緊急に北京入りさせ、問題解決に当たらせるとの異例な措置をとったという。省長もそれぞれの省の退役軍人の代表者と個別に交渉し、説得に努めた。最終的に、退役軍人らは当局が用意した大型バスに乗り込み、そのまま地元に送り返されたという。

 RFAによると、習主席の指示で、習主席の側近で中央軍事委員会弁公庁の秦生祥主任が退役軍人との交渉の最高責任者に就き、最終的に交渉をまとめ上げたという。

●退役軍人の待遇不満

 デモ参加者のほとんどは大隊相当の中国陸軍では「営」レベル以上の士官で、1993年と2000年に軍総政治部が実施した人員削減政策の対象。当時は軍総政治部が退役軍幹部に対して数万元の退職金を1回きり渡し、退役後の転職先は斡旋しないという取り決めだった。

 しかし、その後、彼らがろくな転職先も見つけられず、年金も支給されないことから生活が困窮し、今回の直訴に及んだ。彼らは省ごとに退役軍人会を組織しているほか、他の省の退役軍人とも横のつながりがあり、退役軍人会が連携して、今回の北京での大規模な抗議デモを起こしたようだ。

 軍の最高指導者でもある習主席は、昨年9月の大規模な軍事パレードの祝賀式典で演説し、今後30万人の軍縮を実行すると明言している。この対象になる30万人の退役軍人の退職金や年金、さらに転職先の斡旋などの対応を間違えると、再び今回のような混乱が起こる可能性が強いだけに、慎重に対応する必要がある。

●習近平指導部の喉元に刺さった問題

 また、このデモが起こった時期も政治的に微妙だ。中国問題専門の華字ニュースサイト「多維新聞網」によると、中国共産党の重要会議である第18期中央委員会第6回総会(6中総会)が10月24日から開かれる予定で、それを前に、来年秋の党大会の最高指導部人事をめぐる権力闘争絡みで、反習近平派が退役軍人を動員したとの見方を伝えている。

 このため、14日付の中国人民解放軍機関紙「解放軍報」は第6面の解説面で、陸軍の第26集団軍の一旅団長の論文を掲載し、今回の大規模デモについて、改革に反対する「敵対勢力の存在にもこと欠かない」と述べて、「敵対勢力」が「退役軍人の手当削減など根拠のないあらゆる話をネット上で拡散させている」などと批判。

 党機関紙・「人民日報」系の「環球時報」も13日、「国家はこのような集団行動に賛成しない」とする論評を掲載し、「示威的な集団行動による不満の表明は良くない。誤解を招き、内外の勢力に利用されかねない」と指摘するなど、習近平指導部はリストラの対象になる退役軍人の動きに強い警戒感を募らせているのは間違いない。
(文=相馬勝/ジャーナリスト)