「Thinkstock」より

写真拡大

 10月1日、東京都の最低賃金が907円から25円上がり932円に引き上げられた。都内のアルバイト時給は1000円を超えるものがほとんどで、学生たちはそのラインを基準にバイト先を選ぶらしい。しかも比較的楽な仕事を。

 しかし、アルバイトで得られるものはお金だけではない。学生の本分は勉強であることは確かだが、それだけでは社会に出て通用しないのも事実。社会に出て“ヒットする人生”を送るために、筆者の経験を踏まえて、学生にお勧めする業種を3つ紹介する。筆者は新聞配達から黒服はたまた冷蔵トラック運転手として働いた経験もあるが、学生だった1985年頃は時給500円で、いくら働いても大した金額にならなかったが、その経験が社会に出て役に立ったことは間違いない。

(1)飲食店(キッチン&ホール)

 経験として学生が必ずやるべきなのは飲食店勤務。いささか大げさかもしれないが、お客様の命を預かる仕事なので、「学生バイトだから」という甘えたことが許されない。キッチンで腐った食材を使ったり、ホール店員がアレルギーを持つお客様の注文を間違ってしまえば、お客様の命にかかわることになる。そのため、一番厳しく怒られ、さらに怒られる回数が多いバイトといっても過言ではない。

 その代わりに、忍耐力はどのバイトよりもつく。ほかにも身につけることができるのは、タイムマネジメント力とコミュニケーション力だ。ピーク時はお客様が次々と来店するので、キッチンもホールも「何を一番優先しなければいけないか?」を常に考えて動かなければいけない。料理は運ばなければ冷めていってしまうし、お客様はそれぞれのペースで食事をする。考えるべき事柄が変動しているので、先を予測し行動しなければいけない。選ぶ店舗によっては一番大変な業種といえるかもしれないが、一番経験が得られるバイトであることも確かである。

(2)家庭教師&塾講師

 社会に出れば上司ができ、すぐに評価される対象になる。その前に、育てる側の視点を学んでおくことは非常に大切であり、そのために経験しておくといいのが家庭教師や塾講師のバイトだ。特に家庭教師や個別塾は生徒が同時に1人か2人の少人数制で、自分の力でどのくらい生徒の学力が上がったかがわかるので、モチベーションにもつながるだろう。

 また、生徒一人ひとりの学力や性格も異なるので、「どうやってモチベーションを上げさせるか?」を考えなければならない。これは将来、部下持ったときに直接使えるスキルである。集団授業は生徒個人をじっくりと見ることは難しいが、その代わりにプレゼンテーションの力が上がる。大勢の前で、わかりやすく伝えるためには、発声、姿勢も気をつけなければいけない。大学のゼミや授業でも発表の機会はあるだろうが、自分だけに長い時間、たとえば授業1コマ分与えられるといったことは、なかなか難しいだろう。これは塾のバイトならではの経験になるに違いない。

(3)コンビニエンスストア

 単に飲み物を買いたいとき、公共料金の支払いやコピー機が必要なとき、宅急便で何かを送りたいときなど、心強い味方のコンビニエンスストア。利用する側にしてみれば、なんでもある便利な場所だが、働く側になると、覚えることがその分多いということである。その代わり幅広い知識を得ることができる。また、お客様が何を見て選んでいるのか、どんな商品が合わせ買いされているか、時間帯別でどんなものが売れているかなどを直接見ることができるので、コンビニに並ぶ商品に携わる仕事を将来選ぶとしたら、これは、かけがえのない経験になるだろう。

 いろいろな業種を自ら選択できて、幅広い経験ができるのは高校生など学生、特に大学生の内しかない。学生の本分は学業であるのはいうまでもないが、長期休みを利用するなどして、支障のない範囲を自ら模索し社会勉強としてバイトはやるべきである。どの経験がいつ役に立つかはわからない。「お金には困ってない」「学生の本分は学業」といった理由でバイトをしないのはチャンスロスとなり非常にもったいない。社会に出て“自らをヒット”させるために、あえてうまみが少なく、きついバイトと言われている職種かも知れないが、それはそれで厳しさを経験するという意味でも通用するから、いろいろな経験を積むべきである。
(文=山本康博/ビジネス・バリュー・クリエイションズ代表取締役)