長野県の観光スポット・霧ヶ峰

写真拡大

 地方創生に向け、ふるさと自慢の情報発信に力を入れる自治体が急増している。大分県のPR動画「シンフロ」シリーズや、宮崎県小林市の移住促進PR動画「ンダモシタン小林」のように、全国的に話題を集めた作品がある一方、鹿児島県志布志市の納税PR動画「UNAKO」のように女性差別などの批判が相次いで配信停止に追いやられるケースも出ている。

 長期化する人口減に歯止めをかけ、移住者の確保や地域の活性化のためにあの手この手で自治体の知名度、存在感をアップさせようと、どこも必死なのである。

 そうしたなか、今年は長野県が注目を集めた。ひとつはNHK大河ドラマ『真田丸』人気。上田市にある「信州上田真田丸大河ドラマ館」は予想を上回る人出で、10月1日には入場者が70万人を突破した。当初の目標は2017年1月15日までに50万人だったが、これは7月末にクリア。その後目標を70万人に引き上げていたが、それもあっさりと達成した。ドラマ放送期間中に設置されたイベント会場に動員した人数として、過去最高だった『篤姫』の67万人(08年)を上回ったのである。

 もうひとつの話題は諏訪湖。大ヒット中の劇場アニメ『君の名は。』(東宝)の聖地巡礼のひとつにされていることだ。ヒロインの三葉が住む架空の「糸守町」にある湖が諏訪湖ではないかとインターネット上で話題になり、湖を見下ろせる諏訪市内の公園を訪れるファンが後をたたない。ちなみに、新海誠監督は南佐久郡小海町の出身だ。

●幸福度ランキング上位の常連なのに人口減は止まらず

 長野県も多くの自治体と同じで、人口減に悩んでいる。16年1月1日現在の県の総人口は209万4452人と前年より1万735人減少した。14年連続の減少である。このままいくと、40年には約166万人にまで落ち込むとみられている。県としても危機感を抱き、さまざまな政策を打ち立てている。

 そんな長野県だが、7月に発表された日本総合研究所の「都道府県別幸福度ランキング」(16年度版)で福井、東京、富山に続き第4位となった。同調査1回目の13年度は堂々のトップ、2回目の14年度は3位だった。順位は落としているが、毎回上位にランクインしている。

 今回の調査では、生活、健康、仕事の分野で上位に食い込んだ。仕事を持つ高齢者の割合や平均寿命は前回同様1位。おいしいお米を食べ、野菜摂取量が日本一という健康的な食生活を送り、温泉や癒しの森に恵まれている。就業率も全国第2位と高い。そんな羨ましい環境にありながら、人口減が止まらない。移住実績が927人と過去最高を記録しても、自然減を含めた減少数は年間1万人を超す。魅力や価値が十分に生かされていないのではないか。

 13年に策定された「5カ年計画」(しあわせ信州創造プラン)は、そんな現状を打破し、新たな信州を創生しようという取り組み。「信州をけん引するものづくり産業の振興」「強みを活かした観光の振興」などを掲げた計画で、今年で4年目になる。

 県の企画振興部総合政策課の担当者は、こう語る。

「全国初の取り組みや全国1位のデータなど、長野県ががんばっている成果を数字や文字だけでなく写真やイラストを多用して親しみやすくして紹介しました。県民はもちろん、県外の方にも長野県の魅力を知っていただきたいですね。東京銀座にある(アンテナショップの)銀座NAGANOでも、4Kテレビで紹介していきたいと考えています」

 東京から新幹線で約1時間20分の至近距離にある長野。これが逆にマイナスに作用している。県内に大学が少ないため、高校生の進学先は首都圏をはじめとした県外が主流。卒業後もなかなか帰ってこない。そんな現状を変えていこうと、県は18年開学予定の県立大学新設を計画。グローバルマネジメント学部、健康発達学部から構成され、「全学生が海外を体験」「地域の課題解決に取り組む授業」などをアピールしている。

 自治体PR動画をつくっても、多額の費用をかける自治体も増えており注目を集めにくくなってきているのが実情だ。長野県のケースは、HP上での視覚的な情報発信という地味なかたちであるが、内容は興味深いものが多い。問題は、そうした情報をどうやって多面的に伝え、県外の多くの人々に知ってもらうかだ。現状では認知度はまだまだ低い。自治体の効果的な情報発信のあり方が問われている。
(文=編集部)