飲み会でクライアントとの距離を縮めることも大切ですが…

写真拡大

食事の内容・速さ・間隔は
すべて「お客様次第」

 営業職の方はどのような食生活を送ることが多いでしょうか。ご相談を受ける内容としては、接待での、いわゆる“飲みすぎ、食べ過ぎ”による体重増加にまつわるものがほとんどです。体重増加に関してのご相談、というと万人に共通する悩みのように思えますが、営業職の方にアドバイスをする際には、現実的に難しさを感じることがあります。

 その理由には、大きく2つの理由が挙げられます。

(1)食事時間が不規則で、ランチタイムを逃してしまいがち
(2)食べるものも食べる速さもお客様に合わせる必要がある

 このような事情から、体重管理に気をつけようと思っても、そもそも選択肢が少なくなりがちなのが営業職です。他の職種に比べると、食事内容も食事時間も、お客様ありきで決められることが多く、自己管理がしにくいのです。

 たとえば、40代の営業職、Aさんの食事は次のようなものでした。

月曜日
朝8時 鮭定食
昼15時 オムライス、コーヒー(喫茶店)
夜18時半 居酒屋でいろいろ食べた、お酒たくさん(ビール2杯、日本酒、焼酎など)

火曜日
朝 なし
昼11時 牛丼
夜22時 刺身、もずく酢、納豆

 一人暮らしをしているため、基本的には外食か、買ってきたもので済ませています。

 毎年の健康診断の度に体重が増え続けているので、ご自身でも食事には気をつけている、とおっしゃっていました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)