塚地武雅(右)とたこやきレインボーが出演する「めざせ甲子園!つかたこレインボーロード」が最終回を迎える/(C)カンテレ

写真拡大

10月26日(水)に、カンテレで放送中の「めざせ甲子園!つかたこレインボーロード」(夜1:55-2:25)が最終回を迎える。

【写真を見る】たこやきレインボーによるスペシャルライブも/(C)カンテレ

最終回では、これまで同番組を応援してくれたファンに感謝を伝えようと開催された「つかたこファン感謝祭」の模様を紹介。たこやきレインボーがスペシャルライブや塚地武雅とのコントを披露するほか、日本に2台しかない特別な機械を用いた超大型イリュージョンにも挑戦する。

収録後、塚地は「自分たちでちゃんと色を出したいと、前向きな発言とボケようという姿勢が出てきました。それが大きく変わりましたね。初回放送では素人でしたけど、最終回はちゃんとプロだったと思います」とたこやきレインボーの成長を語った。

また、春名真依は「イベント前は『終わらせたくない』と思って泣きそうだったんですけど、イベントは全力で楽しめました。もっとビッグなアイドルになって『早く“つかたこ”をやらないと』って思わせるくらいになりたいし、2年半の間にいろんなことをこの番組で教えてもらったので、それを生かして前向きに頑張りたいと思います」と最終回の収録に臨んだ心境を明かした。