日立は24日、スマートフォンのカメラで指静脈認証を実現する技術を開発したと発表した。パスワード漏洩やなりすましによる不正利用を防いだ高精度な本人認証ができるようになり、スマホを使ったオンラインショッピングなどでの利用が可能になる。

 指静脈認証では、指紋、顔、声紋など他の生体認証方式と比べて偽造やなりすましが困難で、安全性が高いという特長がある。これまで赤外線を用いた専用センサーが必要だったが、今回開発された技術ではそのような装置は不要でスマホに標準搭載されたカメラだけで高精度に指静脈認証を行える。

 具体的には、スマホのカメラで撮影した複数の指のカラー画像から各指を検出し静脈パターンを安定的に抽出する。それとともに複数の指の静脈パターンを組み合わせることで認証精度を高めているという。