類まれな勝負強さを発揮した小川が、自らのゴールでチームをワールドカップ出場へと導いた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 バーレーンで行なわれているU-19アジア選手権で、日本はタジキスタンとの準々決勝に挑み、4-0で勝利し、5大会ぶりにU-20ワールドカップの出場権を獲得した。

【PHOTO U-19アジア選手権】小川のゴールから4-0と圧勝し5大会ぶりの出場権獲得
 
 この試合で2ゴールを決めた小川航基は、「けっこうプレッシャーもあったので、本当にホッとしています」と、胸を撫でおろす。
 
 8分には、堂安のクロスをヘッドで押し込み、チームに勢いを与える先制点を奪う。さらに73分には、自らの突破から奪ったFKをねじ込んでみせる。
 
“エース”としての責任を感じていた。初戦のイエメン戦では1ゴールも、続くイラン戦、カタール戦ではゴールネットを揺らせなかった。
 
「チームに迷惑をかけた」と自責の念にかられていたが、この大事なタジキスタン戦では結果を残した。「こういった試合で得点できたのは、本当に良かった」。
 
 世界行きのチケットは手にしたが、まだ大会は終わっていない。背番号9はこの先を見据えて、言葉に力を込める。
 
「ここまで来たら、優勝するべきだと思う。必ず優勝します」