タジキスタンとの準々決勝に向けて調整する堂安。自らのゴールで世界大会への切符を手繰り寄せられるか。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部

写真拡大 (全2枚)

 タジキスタンとの準々決勝で先発が有力なMF堂安律(G大阪)が、U-20ワールドカップ出場権が懸かる一戦での活躍に自信を覗かせた。

【PHOTO】U-19日本代表タジキスタン戦前日練習
 
 今大会では3試合すべてに先発出場もいまだノーゴール。J3で9得点を叩き出している決定力は影を潜めるが、それでも「1試合1試合反省してやっているんで、次は良くなるんじゃないかなと思います」と気負う姿は見られない。
 
 持ち前の明るいキャラクターも健在で、「良いところを持って行けるように準備をして、楽しんでやれれば自分らしさが出ると思う」と、気丈に振る舞った。
 
 2年前のU-16アジア選手権も経験する堂安にとって、世界大会への出場権を懸けた戦いは二度目。同大会では準々決勝で韓国に敗れ、U-17ワールドカップ出場を逃した経験を持つだけに、一発勝負の難しさも身に染みて感じている。
 
「とにかく、自分たちのサッカーをするだけ。焦れずに『前半は0-0でもOK』というメンタリティでやりながら、失点しないということから入れれば。アディショナルタイムに決めるのでも良いですし、最後にみんなで笑っていられるようにどんな内容でも勝ちたい」と意気込んだ。

取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)