アンがアカデミー賞を受賞したときについて、「死人のような気分だった」と発言/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

アン・ハサウェイ(33)が、「オスカーを受賞したくなかった」と発言し、またもや炎上騒ぎを起こしている。

【写真を見る】プラダのドレスを着て授賞式に登場したアン/写真:SPLASH/アフロ

アンは、『レ・ミゼラブル』(12)で自慢のロングヘアをバッサリと切り、大幅に減量してファンテーヌ役を熱演。渾身の演技で、見事アカデミー賞助演女優賞を受賞した。

授賞式では、ほぼ1人勝ちだったにもかかわらず、スピーチで大げさに喜んだことで「ハサ・ヘイター」と呼ばれるアンの否定派が増殖。また、ギリギリで親友ヴァレンティノのドレスをやめ、選んだプラダのドレスは、「乳首ドレス」と呼ばれて揶揄された。

オスカー受賞は、役者にとって悲願であり、アンの気合いの入れようは受賞狙いだったと考えられていた。それにもかかわらず、「撮影中も自分を見失っていたし、まだ正気に戻っていないのよ。そのうえ、高価なドレスを着て、みんなの前に立つのは とても複雑な気分でハッピーじゃなかった」

「普通ならオスカーを受賞したら誰でも幸せなんだろうけど、私はハッピーなフリをしなければならなかったの。もちろん死んではないけれど、まるで死人のような気分になったわ」とガーディアン紙に語っている。

それについてネットユーザーたちからは、「なにを今さら?」「受賞が嬉しくないなんて、他の役者に失礼」「だったら辞退すればよかったのに」「これだから、ヘイターが増殖するのは納得!」「デザイナーズ・ドレスは、女優ならたくさん着るもの。だったら女優辞めれば」「自分でドレスを変えて失敗しただけ」といった非難の声が殺到している。【NY在住/JUNKO】