ダンロップの住友ゴム工業は、タイヤの耐摩耗性能を大幅に向上させたエナセーブの新製品「エナセーブ NEXT II」を11月1日(火)から発売すると発表しました。

1

「エナセーブ NEXT II」は、耐摩耗性能を51%向上させたという点が特徴で、同社では「ADVANCED 4D NANO DESIGN」という新技術を初めて「エナセーブ NEXT II」で採用したということです。

「ADVANCED 4D NANO DESIGN」とは、分子構造をシミュレーション技術を利用して設計した「新フレキシブル結合剤」をタイヤのゴムに配合して、ゴムが変形したときにゴムの分子内部で局所的にかかる力を逃がしてゴムの組織の破壊を防止する新技術です。

この「ADVANCED 4D NANO DESIGN」を採用することで耐摩耗性能の51%向上。さらに、低燃費性能とウエットグリップ性能を両立することができたということです。

同社では、大型放射光研究施設「SPring-8」(兵庫県佐用町)・大強度陽子加速器施設「J-PARC」(茨城県東海村)・スーパーコンピュータ「京」(神戸市)という3つの大規模研究施設を連携して活用することで、ゴムの内部構造をナノからミクロンレベルで連続的かつ鮮明にシミュレーションできる新材料開発技術「ADVANCED 4D NANO DESIGN」を2015年に完成させ、この新技術を「エナセーブ NEXT II」に初めて採用したということです。

これらの大規模研究施設は「1番でなければダメなんですか?」と、多額の予算を追求されたことを思い出しますが、最近ではさまざまな自動車技術の開発に利用されていることが目立ちます。

多額の予算を要する大規模研究施設を利用しなければ、自動車技術も開発できない時代になったのかもしれません。

(山内 博・画像:住友ゴム工業)

【関連記事】

マツダと兵庫県立大学が大型放射光施設SPring-8を活用して触媒材料を研究
http://clicccar.com/2016/06/24/380538/

「燃えにくい電解液」で高電圧と安全性を両立したリチウムイオン電池
http://clicccar.com/2016/07/09/384131/

石油を一切使わないタイヤ、ダンロップから2013年に発売へ!
http://clicccar.com/2012/10/01/199735/

一番じゃなきゃダメなんです!? ダンロップの新しい耐摩耗技術「ADVANCED 4D NANO DESIGN」(http://clicccar.com/2016/10/24/410969/)