山田涼介の屈折した演技がお見事!月9に兄弟同士のドロドロが新鮮

写真拡大

【芸能ライター・スナイパー小林のドラマ評〜2016秋ドラマ 月曜編】

 2016年秋ドラマが始まった。月9を飾るのは兄弟同士のドロドロが観られるであろう、ラブストーリー。石原さとみ、菅野美穂、新垣結衣、吉田羊……と豪華な女優陣に2016年を賭けた各局の本気がうかがえる。そんなラインナップをドラマ好きライターが(やや)辛口で総評。

◆チャーハンの男の子が期待の俳優に

●カインとアベル
フジテレビ/毎週月曜21:00〜
出演:山田涼介(Hey! Say! JUMP)、桐谷健太

 高田総合地所株式会社・社長の次男であり、社員でもある高田優(山田涼介)。幼い頃から、成績優秀で同会社の副社長である兄の隆一(桐谷健太)とは比較されて育ってきた。劣等感に苛まれながらも兄と並ぶことができず、ジレンマの日々。そんな中、優はひとりの女性と出会い、次第に心惹かれていく。しかし、その女性は皮肉にも兄と関係を持っていた――。

 はじめにこのドラマの情報を聞いたときに「山田くんで月9かー……」と失礼ながら期待は薄かったのだけど、初回放送を観て感想がガラリと変わった。兄弟同士の確執、ドロドロの展開が観られるストーリーなのだ。男同士のドロドロだとまぁまぁあるのだけど、兄弟同士となると久しくドラマのテーマとしてなかったと思うので、ちょっと新鮮。これ好みはだいぶ分かれると思うけど、私は大好物である。兄弟同士で女を取り合っちゃうんでしょ? そのヒロインが倉科カナ。物足りなさがあるけど、まあ、いい。

 山田くんのちょっと屈折した雰囲気を表現する演技もお見事。この子、チャーハンのCMのイメージしかなかったんだけど、いつの間にか、いい俳優に仕上がっていた。先日、昨年公開の映画『グラスホッパー』の殺し屋役で「第25回日本映画批評家大賞」の新人男優賞を受賞。今後がますます楽しみだ。彼の上司の部長役にはもう存在だけでイヤミな感じになってきた、木下ほうか。この人、ある意味貴重なポジションに安着した気がする。

<TEXT/スナイパー小林>
【スナイパー小林 プロフィール】
ドラマ解説、芸能、恋愛、カルチャー、美容・健康ネタ好きのライターであり、編集者であり。執筆や編集を手がけた媒体は100冊以上。約20年以上ドラマをこよなく愛し、ついには趣味が仕事になった幸せ者のアラフォー。Twitter:@hisano_k