『インフォ・メン〜獣の笑み、ゲスの涙〜』

写真拡大

映画『インフォ・メン〜獣の笑み、ゲスの涙〜』が2017年に公開される。

【もっと画像を見る(6枚)】

歓楽街の無料案内所を題材にした同作は、「夜の天使たち」をテーマに据えた映画シリーズ「ナイトシリーズ」の新作。一夜を共にした相手から妊娠を告げられて多額の借金を抱えた22歳の男・悟志が、大阪・道頓堀の無料案内所「インフォメン」で働く姿を描いた作品だ。

闇金で借りた300万円を落としてしまい、インフォメンで働くことになる悟志役を演じるのは、映画初主演となるモデルの鈴木勤。悟志と一夜の過ちを犯す女・ゆかり役を岸明日香が演じるほか、悟志が淡い恋心を抱くキャバ嬢・カオリ役を逢澤みちる、インフォメンの店長役を加藤明子が演じる。

監督・脚本は七尾旅人『検索少年』のPVコンテストで審査員特別賞を受賞した経歴を持つ金子智明。

■鈴木勤のコメント
初の主演映画にして、初の関西弁での役柄とプレッシャーもありとても緊張していましたが、監督はじめスタッフの皆様が徹夜で指導して下さったり、他のキャストさんにも支えられながら頑張っています!
無料案内所という、普段あまり馴染みの無い場所を舞台にした作品で、俳優「鈴木勤」として成長した姿を皆さんにお見せ出来るよう頑張ります!

■岸明日香のコメント
地元大阪での撮影ということで、ハードなスケジュールではありますが、楽しみながら撮影をしています。
ゆかりという一人の女の子を演じていますが、悟志を振り回す存在ではありますが、魅力的な女の子です。
彼女の魅力が伝わるよう精いっぱい演じられたらと思います。ご期待ください。

■逢澤みちるのコメント
関東から関西にやってきたキャバ嬢・カオリを演じます。少しミステリアスで、大人な女性であり、可愛らしくもあるカオリを演じることにプレッシャーもありますが、楽しみながら撮影を行っています。悟志を演じる鈴木勤君がドキドキしてしまうくらい魅力的に、No.1キャバ嬢・カオリを演じきりたいと思います。

■加藤明子のコメント
今回主人公悟志が勤務することになる案内所の店長・玲奈を演じます。
お姉さんであり、お母さんであり、悟志を見守る存在であり、彼の成長していくうえで必要な人物ともなる
かっこいい女性です。実際の夜の街を舞台での撮影を楽しみながら出来たらと思っています。

■金子智明監督のコメント
今回監督・脚本を務めさせて頂きました。大阪で撮影するからには、「大阪らしさ」を出す事。
豪華なキャスト陣の普段見れない姿を演出する事を特に意識しました。
ミナミの街の様々な側面を描く事ができるのはワクワクします。俳優陣、スタッフ陣一つとなり「笑い」と「情熱」を描きます。