アサシン クリード

写真拡大

遺伝子操作によってアサシン(暗殺者)として活躍していた祖先の記憶を呼び覚まされた男が、歴史に隠された真実に挑むミステリー・アクション『アサシン クリード』。全世界でシリーズ累計9600万本以上を売り上げた世界的に有名なゲームと世界観は共有しているものの、主人公などのキャラクターは異なり、新しいストーリーで描く実写作品だ。この度、本作の日本公開が2017年3月3日(金)に決定した。

記憶をなくした死刑囚、カラム・リンチは遺伝子操作によってDNAに眠る記憶を呼び覚まされ、祖先の記憶を追体験させられることになる。そこで、自分の祖先がルネサンス期のスペインでテンプル騎士団に立ち向かうアサシン教団の伝説の暗殺者だったことを知る。また、彼の先祖は禁じられた秘宝"エデンの果実"のありかを知る歴史上最後の人物でもあった。

本作で主人公のカラムと彼の先祖を演じるのは、『スティーブ・ジョブズ』でアカデミー賞主演男優賞候補にもなったマイケル・ファスベンダー。マイケルはオファーを受けた際、「人が祖先の経験や過ち、記憶を内に持っているというアイディアがとても魅力的だ」と革新的な考えにすぐに反応した。また、マリオン・コティヤール(『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』)、ジェレミー・アイアンズ(『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』)、マイケル・ケネス・ウィリアムズ(『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』)などの演技派俳優が本作を彩る。『マクベス』でマイケルとマリオンを起用し注目を浴びたオーストラリア出身のジャスティン・カーゼルがメガホンをとる。

『アサシン クリード』は2017年3月3日(金)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)