【疑問】ネットに写真をアップするときナンバープレートは消さなくても平気?

写真拡大 (全8枚)

「ネチケット」として消すのが正解

ツイッターやフェイスブックなどのSNSや、ブログなどに、愛車の写真をアップする際、ナンバープレートにモザイクなどをかけた方がいいのだろうか。

ナンバープレートが写っていると、それをもとに、所有者の氏名や所在地などの個人情報が第三者に伝わる恐れがあるとされる。が、じつは2007年11月19日から法律が変わり、車両番号(ナンバープレート)に加えて車台番号(エンジンルーム内に刻印されている番号で車検証にも記載)と、請求理由、請求者の身分証明書(免許証等)などを陸運局に提出しないと、所有者名、住所といった登録情報の提供が受けられないようになっている。

したがって、現在では、ナンバープレートの写真だけでは、通常、個人情報が他人に漏れることはない。しかし、ナンバープレートから所有者の氏名住所を割り出すことを売りにしている興信所は少なくないし、ストーカーなどが、ネットを使ってたちまち個人情報を割り出してしまうといった例も少なからず見られる。

また、赤の他人ではなく、知っている人だからこそ、何月何日、どこにいたかを特定されたくないケースもあるだろうし、自慢の愛車だからこそ妬まれることも……。

というわけで、クルマのナンバーがネット等に掲載されたからといって、基本的には法律上問題がないにせよ、「ネチケット」として、そして個人情報保護の予防策として、できるだけナンバープレートは、ネットで公開しないほうが無難といえる。

いちいち、ナンバーを消すのは、本当に面倒でうんざりするが、いろいろなリスクを減らすためには、そのひと手間が大事になる時代になってしまったようだ。

とりあえず、マツダの作った、カタログのような写真に簡単に加工できるアプリ「Carpture」や「Automo Camera」の他、写真に写ったナンバーを消すためのアプリも、いくつか登場しているので、これらを利用してみたらどうだろう。

また、デジカメやスマホのカメラには、「Exif(イグジフ)」という、撮影日時や撮影場所を記録する機能があるので、この機能の位置情報もOFFにしておかないと、写真から撮影場所が特定されてしまうことがあるので要注意。

便利になった反面、それを悪用する人もいて、なかなか世知辛い世のなかになってしまったようなので、ナンバープレートの取り扱いも、用心する越したことはない。

(文:藤田竜太)

【詳しくはこちら】

「Carpture」

http://www2.mazda.co.jp/carlife/app/carpture/index.html

「Automo Camera」

http://automo.jp/automo_camera/