Doctors Me(ドクターズミー)- 人間が「ゾーン」状態に入りやすい5つのシーンとは?ゾーンの入り方も解説

写真拡大 (全2枚)

スポーツの世界で時に使用される「ゾーン」という言葉があります。バスケット漫画「黒子のバスケ」でも使用され認知度は高くなったことも記憶に新しいです。

そこで、ゾーンとは一体どのような心身状態のことなのかを、医学的に解説してもらいました。

ゾーンとはどういう状態のことを言いますか?

ゾーン状態は、以下の3つの軸で考えられています。

脳のメカニズム


自分の置かれた周囲の環境を鋭敏に認知すること及び、自分の内面に向けた意識のバランスがうまく取れたとき、ゾーンに入りやすくなるといわれています。

このゾーンに入る時に、βエンドルフィンという脳内ホルモンが影響している可能性があるといわれています。

身体的・感覚的な変化


ほかの考えや感情などをいったん忘れて今行っていることに完全に没頭している感覚になります。また、疲労感や痛みを感じなくなるともいわれています。

精神的な変化


集中力が研ぎ澄まされ、他の事物が目に入らなくなる感覚を持つといわれています。同時に十分にリラックスする感覚を持つともいわれています。

ゾーンに入りやすい人と入りにくい人の違い

入りやすい人


無我夢中になれる目標を持っていたり、自分が理想とするパフォーマンスのイメージを持つことができる人

入りにくい人


照れくささがあったり、周囲が気になったりしてなかなか目の前の自分が行っていることに対して没頭できない人

ゾーンに入りやすいシーンとは?


スポーツ


◎集中して物事を行うことで、圧倒的にミスが減ったり実力以上のパフォーマンスを見せることができる

◎判断力が研ぎ澄まされ、瞬時に的確な判断を下すことができ、素晴らしいプレーにつながる

◎古いけがや痛みなどを感じにくい

仕事


◎時間当たりの処理能力が格段に上昇する

◎ストレスを感じずに仕事を行うことができる

◎仕事において判断力が高まり、素晴らしい業績を上げることができる

勉強


◎暗記や思考力を要する問題も普段より容易に行うことができる

◎勉強を苦痛に思わず行うことができる

◎集中力が高まることによって、ケアレスミスが少なくなる

ダイエット


◎ダイエットに成功した自分をイメージしやすく、モチベーションが下がりにくい

◎空腹感を感じにくい

◎エクササイズなどに集中しやすい

趣味


◎感覚が研ぎ澄まされ、素晴らしい作品ができる

◎長い時間、創作に集中できる

◎リラックスし、強い充実感を味わうことができる

ゾーンの入り方

・腹式呼吸で、ゆっくりと呼吸をして心身を落ち着かせる
・自分が集中しやすい環境や態度、心持ちなどを意識的に行う
・他人の言葉や態度に惑わされない精神状態を作る術を身に着ける

ゾーンのメリット・デメリット

メリット


非常に集中し、思いがけないほどの素晴らしい成果を上げる場合があります。

デメリット


ゾーンに入ったときは感じなくても、あとから非常にたくさんのエネルギーを消費していたことに気づくことがあります。また集中力が高まって没頭しているゆえに、その他の周囲の動きに疎くなることも考えられます。

まとめ

「ゾーン」に入る自分なりのやり方を見つけることができれば、ここぞというときに底力を発揮しやすくなる可能性がありますね。

(監修:Doctors Me 医師)