MotoGPでも活躍する「KYTヘルメット」の日本発売が決定しました!

あまり聞いたことないぞ?という方もいると思いますが、数々の専属レーサーもいる老舗なメーカーなんです。

1

KYTプロジェクトは1998年から「世界で通用するヘルメット」をコンセプトに始まったメーカー。イタリアのヘルメットメーカー「SUOMY」と協力体制を結んで開発、デザインはイタリアベースで行われています。

MotoGPやMXGP(モトクロス選手権)EWC(エンデューロ世界選手権など)多くのトップレースシーンでも活躍しており、ヨーロッパ、アジアなど世界的にシェアがある凄いメーカーなんです。

一番メジャーどころでいうと「アレックス・エスパルガロ選手」も使用しています(もちろんレプリカモデルも発売中)。

ヘルメットのバリエーションはオン・オフともに多くのモデルが日本で発売予定。海外メーカーというだけあって日本のヘルメットメーカーではあまり見ないデザインもありますね。

ヘルメットの安全規格「SG規格」の認証を受けており、一部のモデルでは更に厳しいとされる「SNELL規格」、レースに必要な「MFJ規格」に認証されているモデルもあり、安全性はお墨付き。

機能面も内層を自分に合わせてセッティングできる豊富なオプションもあります。

発売前ですが、実際にKYTのヘルメットを被ってみました。今回被ったのは「KR-1」という軽量ヘルメットの「アレックス・エスパルガロ レプリカ ブルー」。

確かにかなり軽量なモデルで、余裕でヘッドバンキングできました(笑)

締めつけ感が少し強めに感じましたが、内層の肌触りも良く、レースのようなハードな環境でもかなり楽そう。

実際に走ってみて、風切音や横風がどうなのか気になるところです。

KYTヘルメットは11月中旬頃から販売店に入荷する予定です。お店に並び始めるのも間近なので、ぜひ試着してみてください。

なお、最新情報はKYT JAPANのFacebookでも確認することができます!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


夜ツーにピッタリ!都会に佇むアメリカンダイナー「CLUB XIPHIAS」


こいつは一体何なんだ?!水陸両用のスーパーバイク「BISKI」


バイクで半袖短パンはいけないの?MotoBe編集長が思う見解


【モンスター】隼のエンジンを積んだ化け物マシン達がヤバすぎる!

ついに日本到来!MotoGPでも活躍するKYTヘルメットの日本発売が決定(http://clicccar.com/2016/10/24/409885/)