写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ダイキン工業とNECはオフィス等での知的生産性向上に向けて、ダイキン工業の「空気を最適にコントロールする技術」と「空気・空間が人に与える影響に関する知見」をもとに、NECのAI・Io技術で空調をはじめとした設備を高度に制御することで、知的生産性の高い空気・空間を実現するための共同研究に取り組むことで合意したと発表した。

本共同研究は、昨年オープンしたダイキン工業の技術開発拠点、テクノロジー・イノベーションセンターにおいて、実際のオフィスや実験室を活用した実証を通じ、知的生産性を高める空気・空間ソリューションの提供を目指して行うもの。

今回、両社は協創パートナーとして、空気・空間に関する技術とAI・IoT技術を活用し、「知的生産性を高める空気・空間」という新しい価値を提供するソリューションの実現に向けて共同研究・実証を行う。

共同研究では、空間利用状況のモニタリング情報に基づき、NECのAI技術で室内の温湿度を学習・予測し、本結果をもとに空調や照明・その他オフィス設備を最適な状態に自動で制御することで、快適性と省エネ性を両立させる。

また、人の状態(ストレス、心理要素)の見える化や、個々のオフィスワーカーのバイタルデータ(血圧、心拍数等)を加味した温湿度、照度との相関関係の研究を実施するほか、個々のオフィスワーカーの業務内容と心身状態に相応しい環境をダイナミックに構成し、知的生産性を高める空気・空間を創出する。

両社は、本共同研究の内容をもとに将来的に様々なフィールドへの適応を検討するとともに、新たなビジネス展開に向けた連携を拡大していく。

(丸山篤)