写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キヤノンマーケティングジャパンは、日本ライフレイとパートナー契約を締結し、企業情報ポータル「Liferay Digital Experience Platform(以下Liferay DXP)」を10月末日より国内において販売すると発表した。

今後、「Liferay DXP」を中核にドキュメントソリューションやクラウド基盤と連携した戦略的ポータルソリューションを展開するという。

「Liferay」は、Webポータルを構築するためのオープンソースで、ユーザー管理やアクセス管理などの機能を標準で搭載している。また、SNSや文書管理などのアプリケーション(ポートレット)による機能追加や各種システムやクラウドサービスと連携するための連携インタフェースを備えている。

今回販売を開始する「Liferay DXP」は、利用者の特性や動向に応じて自動的にコンテンツを切り替えて配信できる機能を備えている。

同社は今後、社内ポータルやグループ会社、代理店などのポータルサイトの構築に加え、「Salesforce」などの顧客管理やマーケティングオートメーションと連携することで、デジタルマーケティングを意識した会員サイトやe- コマースなどのエンドユーザー向けサイトの構築も提案していくという。

同社では、大手企業の直販営業を中心に既存の販売網を生かして、2020年までにコンテンツソリューション分野を拡大し、年間30億の売上を目指す。

(丸山篤)