再生医療の同種移植に一歩前進(画像は信州大学プレスリリースより)

写真拡大

信州大学バイオメディカル研究所・医学部附属病院循環器内科の柴祐司准教授を中心とした研究グループは、重症の心筋梗塞患者に対する新しい再生医療として、iPS細胞を使った心筋再生治療法を開発したと発表した。

信州大学では2012年に、人間の発生初期段階である胚の一部から作られる「ES 細胞」を利用し、心臓の筋肉を構成する「心筋細胞」を作製。心筋梗塞を発症させたモルモットに移植したところ、心臓機能が回復することを確認している。

同様の研究は、国内外の研究機関で実施されているが、人間から作製した心筋細胞を、マウスやサルなど別の動物に移植する「異種移植」では、そもそも移植する細胞と移植される宿主の種が異なるため、移植後に免疫拒絶反応などの問題が発生するのが前提となってしまい、将来的には実施されると考えられる「同種移植(人間由来の細胞を人間に移植する)」の問題を検討するのが難しかった。

今回の研究では、研究用途に供給されている、免疫拒絶反応が起きにくい「カニクイザル」から iPS 細胞を作製。その細胞を、心筋梗塞を発症した通常のカニクイザル5匹に移植し、同種移植での細胞の生着と心臓機能の回復を12週間に渡って検証した。

その結果、移植された心筋細胞はほとんど拒絶反応の影響を受けずに生着し、心筋梗塞後の心臓機能の回復が確認できたという。

しかし、副作用として、一過性ではあるものの不整脈の増加も起きており、今後同種移植の課題として副作用の軽減、解消に取り組んでいくという。発表は、2016年10月11日、英科学誌「Nature」オンライン版に掲載された。

参考論文
Allogeneic transplantation of iPS cell-derived cardiomyocytes regenerates primate hearts.
DOI: 10.1038/nature19815 PMID:27723741

(Aging Style)