写真提供:マイナビニュース

写真拡大

10月21日から22日にかけて複数のニュースメディアやセキュリティベンダが、複数のニュースメディアやセキュリティベンダーが、2回にわたる大規模サイバー攻撃(DDoS; Distributed Denial of Service Attach)を大手のDNSサーバが受けた結果、インターネットの半数がダウンに追い込まれたと伝えた。結果、Twitter、Netflix、PayPal、GitHubといったよく使われているWebサービスに一時アクセスできない状況が発生していたと指摘している。

以下のメディアが、今回の大規模なサイバー攻撃に関連した記事を掲載している。

・Internet down for many as massive cyber attack stops Reddit, Spotify, Twitter and other sites from working|Independent
・Internet outage takes down Twitter, Netflix, PayPal and many of the web's most visited websites|Independent
・The Day the Internet Died|Malwarebytes
・DYN CONFIRMS DDOS ATTACK AFFECTING TWITTER, GITHUB, MANY OTHERS|Threatpost
・Half Of The Internet Is Down Right Now, Here’s Why|fossBytes
・Dyn DDoS Attack: Here’s How Hackers Took Down Half Of The Internet|fossBytes

特に米国の東海岸近辺がこのサイバー攻撃による影響を強く受けたとされている。大手のWebサービスのうちGoogleとFacebookはこの影響を受けていないと説明があるが、米連邦調査局が既に調査に乗り出している。日本におけるこのサイバー攻撃の影響は限定的と見られる。

(後藤大地)