「犬は飼い主の夢をみる…」ハーバード大教授の分析に、飼い主たちの涙腺崩壊

写真拡大

飼い主のひざや、ソファで安心しきって眠るワンコたち。見ているほうも温かい気持ちになりますよね。

そんなとき、犬はどんな夢をみているのでしょう?

飼い主の顔を夢でみている可能性

ハーバード大の教授が「People」に語ったところによると「犬の夢には飼い主の顔や声が出ている可能性がある」というのです。

ハーバード大学メディカルスクールの心理学者、デアドラ・バレット教授は、人間の夢を研究するうちに、動物の夢についても少しずつわかってきたことがあるそうです。

同教授は「犬は夢をみているときどういう体験をしているのでしょう?」という質問にこう答えています。

人間は日中に興味を持った事柄を夢にみます。ほかの動物が違うとは言い切れません。犬たちは飼い主と密接な関係にありますから、あなたの犬が夢であなたの顔や匂いを感じたり、喜ばせたり困らせたりしている可能性はあります

 「People」より引用

動物が夢をみるかどうかには諸説あり、はっきりとした結論はでていません。

ただ多くの科学者が、犬も夢をみるのではないかと分析しているようです。

犬の脳波を調べて、犬が寝ている間にも脳波は活動していることを確認したという研究もあるそうです。

自分の愛犬の寝顔に、思わず…

この記事を読んだ人が、Twitterに投稿。

たちまち拡散されて、多くの飼い主たちが、愛犬の寝ている姿に「自分のことを夢みてくれているのかもしれないと思うと涙が止まらない」と、写真やコメントを数多く投稿するようになっています。

「これを読んだあと、キラのところにいって抱きしめちゃった」

「泣ける」

「ウチの子がこれまでの10倍好きになったわ」

ちなみに猫については、過去の研究で、レム睡眠に入った時、猫は眠りながらパンチをしたり「フーッ!」と怒ったりすることが多いという結果が出ていて、そのことから、ネズミを追うなど狩りのような夢を見ているのではないかと言われているそうです。