写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アクセンチュアは10月24日、NTTコミュニケーションズが10月31日に提供を開始する、人工知能サービス「Communication Engine “COTOHATM”」(以下COTOHA)の国内展開において、NTT Comと協業したと発表した。

COTOHAは、自然な会話によるコミュニケーションを通して、人間の意図を理解し、最適解を提示することを可能とするバーチャル エージェントのSaaSサービス。NTTメディアインテリジェンス研究所による日本語処理技術と、IPsoft社が持つ人工知能プラットフォームであるアメリアが組み合わされている。COTOHAを用いることで業務の自動化や、意思決定の支援が可能だという。

協業によりアクセンチュアは、特に企業のコンタクトセンターや店頭における問い合わせ対応業務などの領域において、国内顧客に向けたCOTOHAの提案活動を強化するとともに、導入および運用にいたるまで、一貫したサービスを提供する。

アクセンチュアでは2016年に、IPsoft社と共同で「Accenture Amelia Practice」を設立しており、同社は今回締結したNTT Comとの協業は、国内におけるさらなるIPsoft社の技術を活用したソリューションの導入を加速させるものだとしている。

(丸山篤)