写真はイメージ
 - Fort Worth Star-Telegram / MCT via Getty Images

写真拡大

 カナダのCBC局によって新たにドラマ化され、カナダ以外の国ではNetflixで配信されるルーシー・モード・モンゴメリさん著の「赤毛のアン」のアン役が決まったとDeadlineなどが報じた。

 主役に抜てきされたのは、1,800人以上の中から選ばれたアイルランド生まれのカナダ人女優エイミーベス・マクナルティ。6歳から演技を始め、テレビドラマ「クリーン・ブレイク(原題) / Clean Break」や映画『モーガン(原題) / Morgan』に出演したことがある。

 「エイミーベスはアンの本質を持った繊細で素晴らしい女優です。魂がこもった、詮索好きで、頭の回転が速く、情熱的な女の子です。心痛と喜びを伝える彼女の演技には息をのんでしまいます。エイミーベスは新世代のアンです」とエグゼクティブプロデューサーでショーランナー(現場責任者)のモイラ・ウォリー=ベケットはコメントしている。

 ほかには、マリラ役に映画『ドラゴン・タトゥーの女』のジェラルディン・ジェームズ、マシュー役に「アボンリーへの道」でジャスパーを演じたR・H・トムソンがキャスティングされている。

 「ブレイキング・バッド」の脚本を担当したモイラが8エピソードから成る第1シーズンの全脚本を執筆し、2時間スペシャルとなる第1エピソードは、映画『クジラの島の少女』のニキ・カーロが監督を務めるとのこと。(澤田理沙)