「警視庁 ナシゴレン課」は10月24日(月)に第2話を放送!/(C)テレビ朝日

写真拡大

“ぱるる”こと島崎遥香が卓越した洞察力、推理力を持つ女デカ長・風早恭子役を演じるドラマ「警視庁 ナシゴレン課」(毎週月曜夜0:15-0:45テレビ朝日ほか)。

【写真を見る】勝村政信は「歌も踊りもあるし、見どころは満載です!」と自信を見せる/(C)テレビ朝日

刑事ドラマでありながら、ワンシチュエーションコメディーという斬新な作品で、古田新太、勝村政信、波岡一喜、猫背椿、越村公一、中山麻聖ら実力派キャストたちの熱演も話題を呼んでいる。

さらには、劇中でメンバーが踊りながら歌うムード歌謡「ナシゴレン道玄坂」にも注目が集まっており、「ダウンロードしたい!」「どこかの番組で歌ってほしい!!」などとネット上でもコメントが飛び交っている。

10月24日(月)放送の第2話で、ナシゴレン課が挑むのは『タワマンでバラバラ殺人』。高級タワーマンションに住むセレブ主婦がマンション内でこつぜんと姿を消し、バラバラ死体の一部が発見された…という恐怖の事件だ。

捜査には一切出向かず刑事部屋で推理を展開するナシゴレン課の面々は、どうやって犯人を突き止めるのか?

また、スピンオフドラマ「警視庁 ナシゴレン課 番外編『恋のアルマジロ』」も、地上波ドラマ放送終了後に第2話を配信(※「au ビデオパス」の会員限定でネット配信)。

このスピンオフドラマでは、本編では描かれることのない、ナシゴレン課のメンバーの恋模様がつづられていくが、第2話ではデカ長・恭子(島崎)に新人中年刑事・石鍋幹太(古田)が翻弄(ほんろう)されてしまう?

そんな話題のドラマ「警視庁 ナシゴレン課」に出演中の勝村、波岡、中山から、第2話の放送を前に視聴者へメッセージが届いた。

【伊吹暁彦役・勝村政信】

歌も踊りもあるし、見どころは満載です!“なぜムード歌謡?”、“なぜ刑事ドラマ?”。そんな、いろいろな疑問こそが、見どころではないかと思います。あとは、デカ長・風早恭子の洞察力の素晴らしさにも注目です。

そして今後、石鍋の推理力のスゴさが分かってくるような予感もしています。石鍋自身は気付いていないけれど、実はデカ長に近い才能を持っているような気がするんです。そんな石鍋に対して悔しさを抱く僕らとの対立軸がまた形成されていけば、ますますドラマ全体の輝きが増していくのではないかと思っています。

【高見拳次郎役・波岡一喜】

ワンシチュエーションドラマの面白さって、どこまでがせりふで、どこからが遊びやアドリブなのか、よく分からないところだと思います。例えば古田さんや僕がせりふをかんだりしたところがオンエアされていたら、それはそれで面白いと思う。

そんな“生”な感じが伝われば、すごくいいなと…! 自由なところを楽しんでいただけたらと思います!」

【浅羽ショウ役・中山麻聖】

普通の刑事ドラマは犯人の予測がつくことが多いと思うのですが、このナシゴレン課は一切そういった常識が通用しません! 犯人逮捕の過程も全く想像がつかない展開なので、ぜひのめりこんで見ていただきたいですね。

そしてまた、1度ならず、2度、3度とご覧いただきたいです。実は画面の端っこの、映っているかいないかのところで、皆がそれぞれ小さな芝居を入れています。思わずクスッと笑ってしまう発見があるので、2回、いや、3回見ても面白いと思います。