【伝説の最高速テストの地】谷田部の高速周回路が45度バンクが見られる!

写真拡大 (全7枚)

300km/hオーバーのチューニングマシンがしのぎを削った

1980〜90年代のクルマ好きが、自動車雑誌を開いたときに、もっとも気にしていた記事がCARトップでもおなじみの「筑波サーキットのラップタイム」「ゼロヨンのタイム」、そして茨城県つくば市(旧谷田部町)にあった日本自動車研究所の高速周回路で行われた「最高速テスト」であろう。写真はスカイラインGT-R (BCNR33 2.7L T51S) 0-300km/h加速23.76sec(1996年)

この高速周回路は、通称「谷田部のテストコース」あるいは「谷田部」と呼ばれ、新しいスポーツカーが登場するたびに、各媒体がゼロヨン、最高速を測定し、日進月歩の自動車技術の進歩にワクワクしていたものだ。

一方、チューニング雑誌主催の、国産チューニングカーによる最高速テストも盛んに行われ、1983年12月にHKSセリカM300が、国産車で初めて300km/hの大台を突破! これを機に、国産チューニングカーの最高速争いが加速していく。

写真はスカイラインGT-R BNR32(2.8L T45S)0-300km/h加速=26.37sec(1991年)とスープラ(JZA80 T51S)は、最高速 320+αkm/h 0-300/h加速35.85sec(1994年)

その舞台となったのが「谷田部」。

ここは1964年に日本で初めての本格的な高速周回路で、一周は5.5km。約1.5kmの2本の直線を、半径400mのコーナーで結んだ、オーバルコース。

その最大の特徴は、円曲線部最大角度45度のバンク。谷田部の高速周回路の設計速度は、180km/hで、バンク内も180km/hで走行していれば、ステアリングを直進状態にしたまま走れた(逆に言えば、180km/h以下で走るときは、コーナーのアウト側にステアリングを切らないと、バンクからずれ落ちてきてしまう)。

写真は、国産チューニングカーで初めて200マイルをオーバーした、HKS関西サービス(現kansaiサービス)のSOARER MZ20 改 3.1L TO4E TWIN / 323.159km/h(1988年)

そうした谷田部のテストコースは、つくばエクスプレスの開通に伴い、茨城県東茨城郡城里町の城里テストセンターに移転となり、テストコースとしての役割を終えた。

その後、高速周回路がどうなったかというと、基本的にすべて取り壊されてしまったが、じつは今でも残されているスポットがある。

本当にごく一部だが、あの象徴ともいえる45度バンクの一部が切り取られていて、フェンス越しに覗くことができるのだ!

グーグルアースなどで、探してみても、なかなか見つけられないかもしれないが、ここはまさに日本に自動車文化遺産のひとつ。

当時は、自動車メーカーの開発中のクルマなどのテストも盛んに行われていたので、部外者は一切立ち入り禁止。遮蔽され独立したテストコースだったため、一般のクルマ好きは、自動車雑誌やビデオで見るだけの場所であったが、いまなら、フェンス越しとはいえ、リアル45度バンクを間近で見られる。

80-90年代に、クルマに無中になった人なら、一度観に行っておいても損はない。というか、このモニュメントもいつまであるかわからないので、見るなら今のうち。必見だ!

(文:藤田竜太)

写真提供:株式会社kansaiサービス

【詳しくはこちら】

谷田部住所:住所=茨城県つくば市学園南2丁目8-5 付近
県道123号の西岡交差点から、北に185m

http://www.kansaisv.co.jp/index.html