金持ちなら「みんなやってる」お金を増やすテク・4

写真拡大

お金をたくさん持っている人たちが普段からやっていることってどんなことでしょうか? 今あるお金を守ることや、さらに増やすことなど、お金持ちなら幸せ! ということではないですが、もしできることなら一生に一度くらい大金を手にしてみたいと思うもの。男性にお金持ちな人がやっていることについて聞いてみました。

■今あるお金を生かす、増やす

・「資産運用。着々とお金を増やしていそう」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「投資。株式や債券など。うまく増やす方法を知っていると思う」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「投資やFXなどで今あるお金をさらに増やそうとしている」(28歳/商社・卸/営業職)

お金がさらなるお金を生むのが「投資」や「資産運用」。もちろん、そこにはリスクもありますが、お金は循環させてこそ生きるものなので、信じられるものに対して投資をすることで、さらなるステップアップを目指していく人も多いでしょう。

■入ってきたものを貯め込む

・「貯金。お金を大事に使うためにしていそう」(33歳/商社・卸/営業職)

・「貯蓄、コツコツ貯めることが大事だから」(26歳/金融・証券/専門職)

・「貯蓄と支出のバランスを見ている」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

かつてほど金利がつかなくなって久しい日本でも、たくさんのお金を持っている人は何らかの形で貯蓄しているものでしょう。手元になければすぐに使ってしまうこともありません。また、急激に増えないまでも減ることもないので、差し当たって使う予定のないお金を貯蓄するのは有効です。

■節約、倹約は当たり前?

・「節約。細かくでも貯める努力をしている」(32歳/建設・土木/秘書・アシスタント)

・「無駄なお金を使わないようにしていると思うこと」(34歳/電機/技術職)

・「支出をいかに減らすか。何を買うのも常に比較をする。安ければいいっていう考え方をしない」(31歳/金属・鉄鋼・科学/技術職)

そもそもやたらと物を買うこと自体がないのかもしれませんが、日常的な小さな買い物から、大きな額を必要とするものまでしっかり比較検討して、無駄のないようにしているというのがイメージのようです。確かに無駄なものを買わないというのはとてもシンプルに暮らせそうです。

■情報収集もしっかり

・「常に世の中の動向を気にしている。時流に乗ることがお金持ちになる一番良い方法だと思うから」(37歳/情報・IT/技術職)

・「人脈作り。人からもらう情報量が多いと思う」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「異業種間交流。人脈を増やしてビジネスに繋げていそう」(33歳/運輸・倉庫/その他)

ビジネスにしろ、投資にしろ、情報は大事です。特に現在は、情報のスピードも早く、それをうまくキャッチできなければ、ビジネスチャンスさえつかめないでしょう。また、これらのことはひとりでできることではありません。そういう意味では、人脈作りも将来のためには必須です。

■まとめ

個人レベルでも企業であっても、やはり今あるお金を管理し、それを使うべきところで使っていくために人間関係を構築していくこと。また、そこから生まれる情報をキャッチしていくことが大事なのかもしれません。そして、最終的には自分で判断する能力が必要となります。情報の取捨選択をしっかりできるようになるには、さまざまなことを学び、それを生かしていく力を養う必要がありそうですね。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳〜39歳の働く男性)

(フォルサ/佐藤ともこ)