自殺の様子をライブ配信した男性(出典:http://www.viralthread.com)

写真拡大

「彼女が僕を裏切った。僕は彼女なしでは生きていけないのに。」

カメラの前でこんな悲痛な胸のうちを明かしたのはトルコ南部オスマニエ県在住の22歳エルドアン・セレンさん(Erdogan Ceren)だ。彼はその後、大きなライフル銃を自分の胸の前にあてて引き金を引き、カメラの前から姿を消した。あたりには発砲音が響き、画面は突然真っ暗になった。

今月10日、まだ22歳という若者が失恋をきっかけに自ら命を絶った。エルドアンさんは上半身裸という格好で寝室に置かれたカメラに語りかけ、Facebookを通して自殺する様子をライブで配信していた。

エルドアンさんは死ぬ前に一遍の詩を読み上げている。振られた恋人に向けてだろう。

「僕らの愛は過去のものになりつつある。涙を流さなきゃいけないのか。君は僕から去っていくのかい? 君なしでは僕はやっていけないのに。」

そしてこう語りかけた。

「僕が死ぬって言っても誰も信じてくれない。僕から目を離さないで見ていてくれよ。」

恋人に裏切られ自殺をすると宣言するエルドアンさんに対し、Facebookでは自殺を思い止まるよう説得するコメントが相次いだ。しかしエルドアンさんは思いつめた状態で引き金を引いた。

1度目は銃がロックされ失敗。そして2度目の試みで自ら放った銃弾に倒れてしまった。

トルコメディア『bugununhaberi.com』によると、エルドアンさんは銃声を聞いて駆けつけた親類によって病院に搬送されたが、後に死亡が確認されている。

自らの自殺をライブで配信するほど追い詰められていた若者。彼を慰めてくれる友や家族はいなかったのだろうか。実に悲しい事件である。

出典:http://www.viralthread.com
(TechinsightJapan編集部 A.C.)