富豪の秘書です。 - ジョシュ・ギャッド
 - Frazer Harrison / Getty Images

写真拡大

 映画『スティーブ・ジョブズ』(2013)で、アップル社の共同設立者であるウォズニアックを演じたジョシュ・ギャッドが、ケネス・ブラナー監督、ジョニー・デップら豪華キャストが出演する『オリエント急行殺人事件』のリメイク版に出演することになったとDeadlineなどが報じた。

 本作は、アガサ・クリスティさんの推理小説を基にシドニー・ルメット監督が映画化した1974年の『オリエント急行殺人事件』のリメイク版。列車内で殺される富豪ラチェットをジョニーが演じるほか、ミシェル・ファイファー、ジュディ・デンチらの出演が決まっている。主役の名探偵ポアロは、ブラナー自身が演じる。

 ジョシュにオファーされているのは、オリジナル版でアンソニー・パーキンスさんが演じた、ラチェットの秘書であるヘクター・マックイーン役。全米公開は来年11月22日の予定だ。

 ジョシュは、来年4月に日本公開予定の実写版『美女と野獣』(2017)にも出演している。(鯨岡孝子)