有村架純も小雪も「やらない」で美肌に。キレイな肌は引き算でつくる!

写真拡大

 秋はお肌のコンディションが悪くなりやすい時期。夏に紫外線でダメージを受けたところに、空気の乾燥が重なるため、肌がダメージを受けやすいのです。

 この時期、ついつい乾燥を気にしてあれもこれもと対策をしてしまいがちですが‥‥、それでも毎年肌トラブルに悩まされている人は、「やらない」方法を取り入れてみるのも手かもしれません。

 たとえば女優の有村架純さんや小雪さんも実践してるという「肌断食」。これは、数日の休みなどを利用して、メイクや化粧水、美容液をつけない生活を送るというもの。

 やり方は簡単、洗顔で汚れを落としたら、あとは何も付けずにすっぴんで生活をします。洗顔料にはオイルフリーのものを選び、保湿成分が配合されていればなお良し。

 この肌断食で肌を休めることで、本来の肌が持つ自然治癒力がアップし、断食後には化粧乗りが良くなったり、スキンケアの効果が出やすくなったりするのです。ツイッターなどネットでは「土日だけでも効果があった!」という声もたくさん挙がっています。

 また、美容ライターによればこんな話も。

「化粧品を使ったスキンケアをやりすぎて、肌を傷めている人も多くいます。界面活性剤や防腐剤を含んだ化粧品を使いすぎると、肌を保護するために必要な脂質や常在菌が損なわれてしまい、トラブルが起きやすくなるんです。また洗顔のしすぎもダメ。こちらも肌を守るために必要な皮脂、セラミドなどが流されてしまい、カサつきやすくなってしまいます」

 身に覚えのある人は、できるだけ「引き算」でスキンケアを考えることが必要なのだとか。オススメは、朝の洗顔を「ぬるま湯だけに変えてみること」だという。

「朝のぬるま湯だけ洗顔は梨花さん、黒木瞳さんが実践していることでも有名です。朝、化粧をしていない寝起きの状態なら、洗顔料を使わずにぬるま湯だけで洗顔。できるだけその後も化粧水などはつけないように。自分の肌の力で、水分と油分のバランスがとれるようにしていくんです」(同ライター)

「今まで甘やかしすぎていたかな」という人はぜひ、冬の乾燥本番シーズンがやってくる前にチャレンジしてみては。