「金メダル男」の舞台あいさつに登壇した平泉成、ムロツヨシ、木村多江、内村光良、土屋太鳳、宮崎美子(写真左から)/(C)「金メダル男」製作委員会

写真拡大

内村光良が初の原作・脚本・監督・主演を務める映画「金メダル男」が、10月22日より全国ロードショーを開始。公開初日あいさつには、内村をはじめ、共にW主演を務めた知念侑李や木村多江、ムロツヨシ、土屋太鳳、平泉成、宮崎美子が集結した。

【写真を見る】本作で“1人4役”を務める内村光良の手腕に業界内外から注目が集まる/(C)「金メダル男」製作委員会

今回、本作の公開初日を記念し、内村から一緒に作品を作り上げたキャスト陣に感謝の気持ちを込めた“金メダル型の賞状”が贈呈された。

まず内村と共にW主演を務めた知念には「“知念で良かったで賞”」を授与。内村は知念に対し「ずっと私の若い頃を演じる役者さんを探していて。誰がいいんだろうと。ジャニーズは元々考えられなかったんですよ。

でもプロデューサーに『知念さんは?』と言われて。灯台下暗しだなと思いましたね。オファー後はとんとん拍子で進んで、知念には中学生から25歳まで演じてもらって。(劇中では)知念が男に手を握られることもあって(笑)。いろんな表情も見せてくれたので本当に知念でよかったです」とたたえる。

それを受け、知念は「顔とか雰囲気が似ていて本当によかったなと(笑)。ホントにうれしい賞です。ありがとうございます!」と喜びを語った。

続けて本作のヒロイン・亀谷頼子を演じた木村には「“コメディエンヌ誕生で賞”」を。

「見ていただいたら分かると思いますが、居酒屋では派手にコケ、不眠不休ダンスのシーンや、漫才など、いろんなことに挑戦してもらって。最初はすごく緊張されていて、俺の頭をたたくシーンも遠慮していたのに、最後の方では頭ガンガンたたいてました(笑)。多江さんで本当によかったです」と、内村は言葉を送った。

木村は「ずっとコメディーをやりたくて『こんな役はどうでしょう』と提案しても、どうしても幸の薄い役を振られてしまって(笑)。こうやってコメディーでたくさんの方に見てもらえて、こんな賞までもらえてうれしいです。演出も最初はすごく丁寧にしてくれたのに、どんどん扱いが雑になっていて(笑)。『あ、コメディーをやるってこういうことなんだな』って思いました(笑)。本当にありがたいです」と冗談交じりにコメントしつつ、喜びを語った。

表現部の後輩・横井みどりを演じた土屋には「“本能の求愛ダンスで賞”」を授与。土屋に対しては「踊りは本当に全国大会レベル。くだらないダンスを一生懸命に踊ってくれて。地方の高校生にこんなに踊りうまい人いないんじゃないかってくらいでしたけれど(笑)。横井みどり役は“理想の恋人像”を思い浮かべて書きました」と明かす。

すると、土屋も「本当にうれしいです。生きててよかったって思います(笑)。内村監督には思っている以上にパワーや愛情を頂きました。私の世代は内村監督の番組を見て心が育ったと思うので、こんな賞をもらえてうれしいです」と喜びを語った。

そして、劇団“和洋折衷”の代表・村田俊太郎役のムロには「“イメージじゃなかったで賞”」を、泉一の父・母を演じた平泉成と宮崎美子にはそれぞれ「“かつらお似合いで賞”」「“いまもピカピカに光ってるで賞”」を授与した。

最後に、知念は「今日は大きな声で『金メダル男良かったね』と言いながら歩いてもらいたいです(笑)。ライブビューイングで見ている方もぜひよろしくお願いします。この映画で一等賞取れたらと思います! ありがとうございました!」とコメント。

内村も「本当に5年前の1人舞台から始まり映画が全国公開となりうれしいです。皆さんのいろんな感想を聞きたいなと思っているので、いっぱい思ったこと書いてくれたり行ってくれたりしたらうれしいです。楽しみに待っています! 今日はありがとうございました!」と感謝を述べた。