トランプ氏劣勢か?  Reuters/AFLO

写真拡大

 経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回はいよいよ大詰めを迎えるアメリカ大統領選の二人の候補のメンタリティに注目。

 * * *
 史上最低最悪と揶揄される今回のアメリカ大統領選で、最も人気のない候補者といわれた民主党ヒラリー・クリントン前国務長官と、共和党のドナルド・トランプ氏による最後のテレビ討論会がネバダ州ラスベガスで行われた。予想以上に淡々と冷静に論争で始まったのだけれど、途中からは過去2回のテレビ討論会同様、非難合戦が繰り広げられた。

 わいせつ行為の証言が次々に上がる中、またもや暴言を吐いて“やっちゃった感”の強いトランプ氏。討論会後の世論調査の結果は、メール問題などを抱えながらも、やはりクリントン氏が優勢。そんな舌戦の立ち居振る舞いから両候補者の心の内を読んでみよう。

 選挙などで最初に目につくのは、やっぱり服装や髪形だろう。候補者のイメージ戦略が盛んに行われているアメリカでは、有権者の目にどんな風に映るのかは、選挙の行方を左右するほど重要。

 例として挙げられるのが、最初のテレビ討論会が行われた1960年の大統領選。現職の副大統領だったニクソン氏を、若手のケネディ氏が巧みなメディア戦略で破ったのだ。この時、テレビはまだ白黒。平成生まれの人には、ちょっとイメージがわかないかも…。
 
 グレーのスーツに白のシャツ、ぼけた色のネクタイとメリハリがない上に、メイクなしで疲れた顔に映ったニクソン氏に対し、濃紺のスーツに白のシャツ、赤のネクタイとコントラストをはっきりさせ、メイクをほどこし顔映りもよく新鮮で溌剌としたイメージを演出したケネディ氏。今見ても、おそらく結果は同じだろうけど、次世代のリーダーとして有権者の心を掴んだのは、もちろんケネディ氏だ。

 さて、今回の大統領選第1回目の討論会、背景は鮮やかな青。大方の予想を裏切りトランプ氏は青のネクタイに黒のスーツ。なんと、クリントン氏が赤のツーピース。

 ここ一番の勝負時には赤と思っていたので、トランプ氏が青をチョイスするとは意外。オバマ大統領が選挙戦で用いたように、新しいリーダー像として誠実で冷静沈着、頭脳明晰なイメージを印象づけたかったのだろうけれど、背景が青では冷たさや不安、憂鬱感を増幅させて逆効果。散々攻撃され続けたから、視聴者や有権者に少々、青でクールダウンしてもらいたかったのかもしれない。

 加えて1回目は座ったままの討論形式。動きがなくては、青はますますネガティブイメージを強めてしまう。そのためもあってか、健康だとアピールしていたにも関わらず、何度も鼻をすする音をマイクに拾われ、トランプ氏にとって思わぬマイナス点だったはず。

 反対に健康不安が出ていたクリントン氏は、それを払拭すべく顔色が明るく見える赤で、動かなくても積極性や活動性、強さや情熱などをアピールしていた。さすがに、戦う時の色の使い方がうまい。

 2回目の討論会、クリントン氏は真っ白のインナーに濃紺のスーツで、慎重で知的、常識があり誠実といった面をアピール。この時は、歩き回れる自由討論形式。背景はやはり青。会場を歩き、動きをもたせることで、青のもつプラスのイメージを強めることができる。

 トランプ氏は赤のネクタイ。本来なら、赤で力強さやエネルギーなど企業家として培ってきたリーダーシップを表現したいところだが、クリントン氏が話している最中、その後ろで、むやみに会場を行ったり来たりしたことで、攻撃的で感情的、イライラや落ち着きのなさを感じさせたみたい。

 注目の3回目。トランプ氏は赤のネクタイに黒のスーツで、クリントン氏はオフホワイトのツーピース。白といっても、冷淡や虚無感、緊張感を与えない柔らかい白をもってくるところは、やはり選挙慣れしている。加えて、3回目の討論会直前、ウィキリークスに公表されたクリントン陣営のメール問題への潔白をアピールしたかったのかも。

 討論会の最中のクリントン氏の立ち居振る舞いを見ると、回を重ねるごとに、ジェスチャーが増えていった。トランプ氏の暴言やスキャンダルにも関わらず、無党派層の支持率が伸び悩んでいたから、どうにかそこにアピールし、票を取らなければという焦りが見え隠れしていた気がする。

 この日よく見られたのは、反論しやすいネタをトランプ氏が口にすると、待ってましたとばかりに、顎を上げ、目を開いて、口元をゆっくりと開き微笑む様子。鼻もちならない勝ち気さと狡猾さが垣間見えるようで、クリントン氏を信用できないという有権者が最も嫌うような仕草だろう。

 クリントン氏には、顎を上げ相手を見下ろすような表情も多い。これは自分に威厳をもたせ、相手より優位に立っていると感じているから。1回目では、椅子の背にもたれ、トランプ氏の方にお腹を出すように座って手を組んでいた。相手にお腹を見せるというのも、強気で、自分が優位な立場にいると思っている仕草。

 会場からの質疑応答で自由に動き回れた2回目、トランプ氏が話している間、クリントン氏はじっと椅子に座ったまま。質問者の方に近づく時もゆっくりと歩を進め、落ち着きや余裕を見せていた。大統領候補たる者こうあるべき、という見本のような行動だろう。

 対するトランプ氏は、ムスリムについて質問された時は、さすがにまずいと思ったのか、思わぬ不安を見せた。米軍に従軍し、イラク戦争で亡くなったイスラム教徒の若者の死について、暴言を吐いていたからだ。クリントン氏に批判され、自分の椅子の後ろに立ち、椅子の背を両手でグッと掴んで体重をかけ、寄りかかっていた。マイナス感情が高まり、何かにしがみついて気持ちを落ち着かせたいという潜在意識の高まりからだと思う。

 基本的にトランプ氏は、話を自分の都合のよい論点にすり替えながら、派手なジェスチャーと豊かな表情で見ている者を飽きさせない。きっと、テレビ番組で培った技なんだろう。だけど、自分にとって気に入らない、まずいことを言われると、一瞬、口が開き、ギュッと真一文字に口を閉じる。きっと瞬間的に、反論したいという感情の動きから口が開くと思われる。

 人差し指を立てたり、相手を指差しながら罵倒する仕草もよく見られる。これはワンマン経営者や独裁者によく見られる仕草。自分がトップとして、相手を支配しているという潜在意識の表れだったり、威嚇し、喧嘩を売ろうとしている時に行いやすいもの。政治家は通常、自らの印象を悪くするのでこの仕草を避け、代わりに人差し指と親指で輪を作る。トランプ氏にとって珍しい仕草ではないが、最近、この仕草を見せた政治家で思い出すのは、フィリピンのドゥテルテ大統領だった。

 さらに驚くような仕草をしたのは3回目。大統領選の結果を受け入れるかと聞かれ、「その時に考える」と答えただけでなく、不正選挙だと言いながら、拳を握り右手の親指を何度も下に向けたのだ。

 大統領選挙だけでなく、選挙制度そのものにブーイング? アメリカの民主主義の根幹を成す制度を、候補者が批判するだけでなく、こんな仕草をするとはびっくり。

 さらにさらにびっくりしたのは、富裕者層への増税についてクリントン氏が話している最中の発言。

「嫌な女」と言って首を振り、眉根を寄せて顔を歪めたのだ。表情を見るに、心の底からNOと言いたかったのだろう。女性蔑視の発言や行動で窮地に立たされているのに、今それを言う?

 クリントン氏は、この発言を無視。ちらっと目が動いただけで、平然と話を続けた。

 選挙におけるトランプ氏の勢いがよくわかったのは、討論会が終わった後の握手の時。1回目は、クリントン氏が先に手を出し、2人は握手した。握手しながら、トランプ氏はクリントン氏の背中に左手を回し、肩甲骨のあたりをポンポンと叩いたのだ。クリントン氏に嫌がる素振りはない。

 握手しならが添えられる左手の動きは、位置が高いほど、気持ちの強さや相手への親しさを示すといわれる。嫌いな相手や初対面の人に、握手しながらこれをやられたら、あまり気持ちのいいものではない。この時はまだ、トランプ氏に勢いがあり、両者は拮抗していた。

 2回目、今度はトランプ氏がクリントン氏に手を出した。握手すると、自分の方へとやや引き寄せるように引っ張り、左手で腰のあたりをポンポンと叩いた。背中から腰へと、弱気になったのか手が下がったのだ。この討論会で、トランプ氏は自らの劣勢を感じ始めていたのだろう。

 最後の討論会、2人は握手することなく会場を後にした。トランプ氏は、もう選挙戦に勝てないという思いが、心のどこかに浮かんだのだろうが、選挙結果を受け入れると明言しなかった手前、握手することなどできなかったに違いない。

「事実は小説より奇なり」という名言通り、映画以上に面白いエンターテインメントを見せてくれた今回のアメリカ大統領選挙。11月8日に結果が出ても、まだまだ波乱がありそうな予感。