今後の活動に意欲満々の三吉彩花

写真拡大

 モデルで女優の三吉彩花が10月23日、初の写真集「わたし」(文芸春秋刊)の発売記念イベントを東京・福家書店新宿サブナード店で開いた。

 6月18日の20歳の誕生日を含む1週間をかけ、インドで撮影。「想像もつなかいようなところで撮ってみたい」という希望がかなったもので、「人が温かいし、景色がきれいな所もたくさんあって私はすごく好きです。大事な1週間になったし、今の私の姿を残せる写真集になりました」と笑顔で話した。

 中でもお気に入りは、「もうすぐ20歳になることで、今までの仕事や家族、友達のことや、これからどう生きていこうということをいろいろと落ち着いて考えられた」という理由で、ガンジス川を見つめているロングのバックショット。日本時間で20歳になった瞬間は、帰国途中の空港でスタッフらとビールで乾杯したそうだが、「苦かった。まだ、お疲れさまビールがおいしいというところにたどり着いていませんね」とはにかんだ。

 これまで伸ばし続けていた髪に自らはさみを入れるカットも掲載されており、「40〜45センチは切った。大きな決断だったけれど、なかなかできる経験ではないのでちゅうちょなく思い切って切りました。スッキリして前向きになりました」と晴れやかな表情。今後については、「今は、映像のお仕事が一番楽しいけれど、お芝居やモデル以外のことも幅広くやっていきたい。やりたいこともいくつかあるので」と希望に目を輝かせていた。