地元のファンを増やす「現代版・参覲交代」[小山薫堂の妄想浪費 Vol.15]

写真拡大

放送作家・脚本家の小山薫堂が「有意義なお金の使い方」を妄想する連載第15回。ポケモンGOに千社札、参勤交代に大名屋敷……。現代と古を行き来しながら郷土愛を体現し、観光客やファンを増やすアイデアを筆者は今日も夢想中。

「ポケモンGO」がリリースされて約1カ月。一時の熱狂は落ち着いたものの、移動とあらばスマホを開いてポケモンを探してしまう人はまだまだ多いようだ。僕も何回かやってみたけれど、いまひとつ熱中できないまま、レベル9でストップしている。仮想世界がリアルな世界と融合するおもしろさは理解できるし、収集癖も刺激されはするのだが、パズドラのような明確なスキルが必要とされるわけではないので、集めることが主体だとどうしても自分のような面倒くさがり屋は飽きてしまう。

僕がいま個人的におもしろいと思うコレクションは、日本航空(JAL)の客室乗務員(CA)さんからいただく千社札(せんじゃふた)である。千社札とはもともと神社や仏閣に参拝した記念として貼る、名前や住所を書き込んだ札のこと。最近では職人さんが道具に貼ったり、舞妓さんがお客さんに配ったりすることも多い。

件(くだん)のCAさんは先日から国内線全線でそれぞれに縁(ゆかり)のある47都道府県をデザインしたバッジを着用している。これは「機内でお客様と共通の話題でもっとお話ししたい」という思いから生まれたアイデアだそうで、ポイントは、出身地ではなく、「縁の地」であること。旅で訪れて気に入った場所、応援している被災地、恋人や両親の出身地……。どんな理由でその地を選んだのか、というだけでも話の緒(いとぐち)になる。しかも、会話のあとは話題となった都道府県の千社札シールをもらえるのだ。47都道府県を集めたところでどうなるわけでもないけれど、コレクション心がちょっとくすぐられませんか?JALに搭乗する際は、CAさんのバッジに注目し、ぜひ会話のきっかけにしてみてください。

古の知恵を現代に活かす

ところで「地方創生」を考えるにつけ、参勤交代は素晴らしくよくできたシステムだったと思う。職人や料理人、商売人が江戸に集まることで街が活性化し、諸大名によって道が整備され、文化や風俗、流行などが江戸と地方を行き交ってさらなる発展を遂げたのだから。そこで、古(いにしえ)の知恵を現代に活かす、「現代版・参勤交代」という企画を考えてみた。

現代の参勤交代は徒歩ではない。日本の職人技を駆使した神輿的なオープンデコトラを国が製作し、最低3日くらいかけて東京を目指す。乗車するのは参加希望の地元の人たち。いや、市町村長たちがそれぞれ発信したい思いを胸に乗り込むのもいいかもしれない。もちろん、高速道路ではなく、下道をゆっくり行くのが肝だ。街道沿いの人たちとの交流を大切にすることで、ファンを増やすことができるから。ちなみに、費用の参考にはならないと思うけれど、安永6年(1777)の熊本藩細川家による参勤交代の費用は2,336両、現在の貨幣に換算して約2億3,360万円とのこと。

こうして東京にたどり着いた「現代版・大名行列」の一行は、1カ月間、県産品フェアを催すことができる。場所は、地方の資産家が地元への恩返しを兼ねて、東京にビルを一棟購入してくださると話が早いかもしれない。言わば「現代版・大名ビル」を建てるのだ。1階にはアンテナショップ、2階から上は地元の商店が軒を連ねる。固定資産税がかかるので、たとえばビルの上階には宿泊施設を設けて、宿泊券はふるさと納税で得られるとか費用を上手に回収できるシステムをつくるといいかもしれない。

文化の発展はいつでも、人が集まることで起きる”化学反応”から始まる。1カ月に1県が東京を訪れるとして、46カ月に1度、故郷のプロモーションができるというのはすごくワクワクする企画ではないだろうか。そうそう、東京駅八重洲口のヤンマービル1階にある京都市のアンテナショップ「京都館」が、ビルの建て替え工事のため、移転を余儀なくされている。というわけで、京都に本社を構える任天堂社長の君島達己さん、次なる京都館を一緒にやりませんか?構想としては、1階に京都館、2階から上は京都の老舗とホテルを兼ね備えた複合施設。もちろん1階にポケモンセンターを併設すれば、それだけで人が集まる場所になることは間違いない。

そこでしか買えない・読めない

情報でも商品でも手に入れるのが簡単な時代だからこそ、人はいま「手に入れるのが難しいこと」に心を寄せるのではないだろうか。

たとえば、兵庫県の城崎温泉の「本と温泉」というユニークな企画がある。温泉宿が協力して3冊の本をリリースしているのだが、そのラインナップが魅力的。1冊目は志賀直哉『城の崎にて』『注釈・城の崎にて』の箱入り2冊組、2冊目は万城目学さんが実際に城崎に滞在して書き下ろした『城崎裁判』、3冊目は湊かなえさんが城崎をテーマに書き下ろした『城崎へかえる』と、それぞれ装幀も驚くべき凝り方で、なんと城崎温泉でしか買えない。城崎温泉……、行ってみたくなりますよね。

僕が関わっている企画では、羽田空港ロビー上部の壁面を利用した「旅する日本語展」*というのがある。僕が書いた旅にまつわるささやかなエッセイと、片岡鶴太郎さんが描かれた画のコラボレーション作品の展示だ。拙著『恋する日本語』を読んでくださった日本空港ビルディングの広報部より依頼があって実現したのだが、今後は地方自治体と組み、このコラボ作品を石碑として設置できないかなと考えている。「そこに行かないと見られない」に、僕もぜひトライしてみたい。

もうひとつ、いつか個人的に実現したいプランがある。数年前、那覇で食事をしていたときのこと。隣り合わせたお医者さんのご夫婦が、ドラマ『北の国から』の舞台として知られる北海道・美瑛(びえい)からはるばる来られていた。「遊びにきてください」というお言葉に甘えて数カ月後に訪ねてみると、ご自宅が通称”パッチワークの丘”の上にあり、その風景は言葉にならない美しさだった。感激していたら、ご夫婦が「そんなに気に入ったのなら、うち広いので、よかったら家を建ててください」とおっしゃるではないか(これは冗談でなく、実際に土地の造成までしてくださった)。

そこで「地産地消」ならぬ「地書地読(ちしょちどく)」というのを思いついた。書斎をつくり、書いたものを敢えて外に持ち出さずに、「ここまで足を運ばなければ読めない」というルールにするのだ。コンセプトは「世界で最も贅沢な書斎兼世界で最も小さな図書館」。美瑛の美しい風景を前に、美瑛で書かれた文章を読む。それであれば僕の下手な文章でも少しは素敵に感じてもらえるのではないだろうか……などと夢想している。

*第1旅客ターミナル2階南北出発チェックインロビー上部に全11作品を展示。2017年3月31日まで開催予定。

小山薫堂◎1964年、熊本県生まれ。放送作家・脚本家として『世界遺産』『料理の鉄人』『おくりびと』などを手がける。エッセイ、作詞などの執筆活動の他、京都市や熊本県など地方創生の企画にも携わっている。