甘いだけではない、紅茶の味を楽しむ大人向けのティーラテ。

写真拡大

キリンビバレッジは、紅茶飲料のNo.1ブランド「キリン 午後の紅茶」発売30周年を記念して「キリン 午後の紅茶 エスプレッソ ティーラテ」を、10月25日(火)より全国で発売する。

紅茶の新たな飲用シーンとして仕事の休憩時などを想定して、これまでの「すっきりしていて甘い」という紅茶のイメージを一新し、「嗜好性と飲みごたえ」を追求。コーヒーのエスプレッソのように高温・高圧で抽出した紅茶をブレンドし、さらに紅茶葉を細かく粉砕した「濃密マイクロ茶葉」を使用することで、凝縮された紅茶の香りと飲みごたえのある味わいを実現。

また、その特長を楽しめるよう、容器は一定量を少しずつ飲むことができる、リキャップ可能な広口のボトル缶を採用。