サーチャージ以前の航空券料金は?

写真拡大

海外旅行の航空券を購入すると燃油サーチャージが加算されます。場合によっては航空券の値段よりも高いサーチャージが課せられることもあります。

いつから導入?

燃油サーチャージは、ジェット燃料のもととなる重油の価格が高騰したことにより加算されるようになりました。導入されたのは2000年に入ってからです。サーチャージの価格は基本的には一貫して上昇を続けてきているといえるでしょう。日系の航空会社で燃油サーチャージが導入されたのは2005年からです。航空券の購入サイトなどでは、燃油サーチャージの値段を含めたものと、含めないものがあって、安いと思ってもあとからサーチャージがかかってそれなりの値段になってしまうということもありました。さらに一部のLCCなどでは燃油サーチャージを取らない航空会社もあります。

いぜんは航空料金のみ?

それでは燃油サーチャージ導入前の航空料金はどうだったのかといえば、本当に額面のままでした。1万円や2万円の格安航空券がありますが、当時は本当にそれだけの値段で海外へ行けたのです。とはいっても、空港使用税や消費税など必ずかかる税金はありましたが、燃油サーチャージよりは格安であったことには違いありません。格安航空券の主な行き先は東南アジアですが、1万2万といった格安の値段でそれらの国を往復できていた時代があったのです。

「格安航空券なぜいつも満席?」の詳細を調べる