1ページ何分で読む?

写真拡大

長い本をどうしても読み通せないという人は少なくありません。小説を買ったはいいけれども挫折してしまったという人もいるでしょう。特にこういう続きものの、ストーリーの場合は、次にページを開いた時に以前の内容を忘れてしまっているというのもあります。そうなると、わかるところまで戻ってしまい、行ったり来たりでなかなか本が読み通せないということになってしまうのです。

時間を区切る

そんな時に有効な読書法は1ページにかける時間を定めるというものです。例えば1ページ1分ということにすれば、200ページの本ならば200分で読了できます。実際は、1ページ1分よりも短い時間で読むことができます。慣れてくれば20~30秒で読めるようになるでしょう。そうなると、200ページの本を1ページ30秒で読むとしたならば、100分ということになります。2時間かからずに1冊の本を読むことができるのです。

時間が見えるとわかりやすい

これはある意味ではゴールを設定するような行為に近いということもいえるかもしれません。マラソンなどで、あと何キロというゴールがわかればモチベーションがわきますよね。それと同じことで読書も、小さいことを積み重ねていくものなのですが、あと1時間で読み終わるとわかれば、コーヒーでも飲みながら読書をしようという風に計画が立てやすくなります。1ページ何分で読めるかということを、見極めてそこから、読書計画を立てていくとスムーズに本を読んでいくということができるようになるかもしれません。

「速読の方法は?」の詳細を調べる