左が現在、右が2003年当時のロバート・ダウニー・Jr.。2003年に比べ、現在のほうが若々しい/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

若さはお金で買えないというのは過去のお話。テクノロジーの進化は凄まじく、アンチエイジングを心掛けると共にうまくお金をかければ、ある程度の若さは手に入るのが現実だ。

【写真を見る】現在(左)と2004年(右)のレオナルド。ほかセレブの比較画像はこちら/写真:SPLASH/アフロ

ボトックスとフィラーによって顔がパンパンになったり、メグ・ライアンなどのように美容整形で失敗するセレブもいるなかで、どちらの写真が10年前なのか分からないほど変わらず、むしろ若返ったように見える若々しいセレブたちを、過去と現在の写真を掲載しながらデイリー・メール紙が特集している。

同紙があげているのは、サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、ユアン・マクレガー、グウィネス・パルトロウ、ジェニファー・アニストン、レオナルド・ディカプリオ、ウィル・スミス、ジェニファー・ロペス、ロバート・ダウニー・Jr.、そして4度の離婚を経験しているスーパーモデル、クリスティ・ブリンクリーの10人だ。

彼らは、ほぼ10年前の写真をそれぞれ掲載されているが、少々シワが増えていたリ、ケイトのように頬がこけていたりするケースはあるものの、比較の対象がなければ、過去の写真を現在の姿でも使えそうな人物ばかりだ。

またあか抜けて、かえって肌がツヤツヤになり、若々しく見えるセレブもいるほどで、改めてお金で若さを買える時代が到来したことを証明する結果となっている。【NY在住/JUNKO】