ご飯をすくいやすい形状

写真拡大

小久保工業所は2016年10月25日、大小のしゃもじセット「とんがりしゃもじOYAKO」を発売する。

しゃもじの先端が丸くとがっており、ご飯を少量すくったり、形を整えたりしやすい。フチも薄く、ほどよくカーブしているため、すくいやすい。普通のお茶碗はもちろん、弁当箱の狭いスペースにもジャストフィットするので、はみ出ることなくきれいにご飯をよそえる。

大きい「親しゃもじ」は炊飯器用に、小さい「子しゃもじ」はお弁当や小さな型にごはんを詰めるときや、食卓で大皿ごはんを取り分けるときなどにそれぞれ使える。自立するので、炊飯器の横や食卓にそのまま立てておくことも可能。表裏面ともに凹凸加工が施されていてご飯がくっつきにくく、使いやすい。

価格はオープンだが、参考価格は324円(税込み)。