「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」より
 - FX Network / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 実際にアメリカで起きた事件を取り上げる米テレビドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」の第3シーズンが決まったとDeadlineが報じた。

 同ドラマはO・J・シンプソン事件を取り上げた第1シーズンで9つのエミー賞を獲得。第2シーズンは犯罪事件ではなく、2005年に米南東部を襲ったハリケーン・カトリーナの被害と影響を取り上げることがすでに発表されている。

 第3シーズンは、1997年に連続殺人犯アンドリュー・クナナンに殺害されたイタリアのファッションデザイナー、ジャンニ・ヴェルサーチさんの事件を描いたものになるとのこと。タイトルは「ヴェルサーチ/クナナン:アメリカン・クライム・ストーリー(原題) / Versace/Cunanan:American Crime Story」で、モーリーン・オース著の「ヴァルガー・フェイヴァース(原題) / Vulgar Favors」を基にドラマ化するという。10エピソードが製作される予定だ。

 「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」の第1エピソードを監督し、第68回エミー賞監督賞(リミテッドシリーズ/テレビムービー部門)にノミネートされたクリエイターのライアン・マーフィーは、第2、第3シーズンでも初回の監督を務める予定だという。(澤田理沙)