ビール缶をピザで巻いて焼けば…夢のような食べ物ができあがります♪

写真拡大


ピザとビール。この組み合わせが大好きという人は、世界中にいるんじゃないでしょうか。カロリーが高いのはわかってる、でもおいしくて止められない……ええ、その気持ちわかります!! だって私もそうだもの!

今回ピックアップするのは、ビールとピザを愛する皆さんにピッタリなアイデアを披露している動画。「Pizza Koozie(ピザ・クージー)」なる食べ物が紹介されています。

「クージー」とは、保温や断熱のために缶を覆うホルダーのこと。つまりこれ、缶ビールの周りにピザを巻きつけて、そのまま飲んだり食べたりできるという、夢のような食べ物なんです♪

【ピザ・クージーの作り方】

通常、丸いピザ生地が多いですが、ピザ・クージーで使うのは長方形のピザ生地。これはもちろん、ビール缶に生地を巻くことを考えてのことですね。

まず長方形の生地の上に、サラミ、チーズといった具をモリモリ乗せたら、具を挟むようにして生地をパタンと2つに折ります。さらにその上にもサラミを乗せ、綿棒で平たくし、もう半分に折ります。

次に、アルミホイルで覆ったビール缶に、先ほどの生地を巻きつけていきます。それを、ひと回り大きな缶に詰め込んで……オーブンに投入! 温度や時間など、焼き方が動画ではいっさい触れられていないので、自身で調整してみるしかなさそうです。

そして、ここから後の手順も動画では触れられていないのですが、多分こんな感じ。

アツアツの焼けたピザを缶から取り出し、ピザの中のビール缶とアルミホイルを取り除くと……空洞状のピザのできあがり〜。中身が入ったビール缶を装着して完成です!

【細かいことは気にしない】

「熱いピザを巻いたら、ビールがぬるくなんじゃ?」、「冷たいビール缶に水滴がついて、ピザが濡れるんじゃ?」なんて心配の声があがりそうですが、細かいことは気にしない! だって、こういうものは勢いだけで豪快に食べるのがいいに決まってますから!!

ビールを飲みながら、すぐ手元にあるピザをちぎって食べる……なんて素晴らしい体験なんでしょう! お皿を用意するのはやだ、なんならピザを食べようと手を伸ばすのも面倒、なんてときにもうってつけですね。

運動せずに、こればかり食べ続けていたら、もれなく太るんでしょうけど……そんなことは気にしない!

参照元:YouTube
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

この記事の動画を見る