そんな目で見つめられたら… - 映画『ベンジー』(1974)より
 - Mulberry Square / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 野良犬による大冒険を描いた1974年のヒット映画『ベンジー』のリブート企画が本格的に始動しているとDeadlineが報じた。

 オリジナル映画は、野良犬ベンジーが、何者かに誘拐されたチャプマン家の幼い兄妹ポールとシンディを助けるために奔走するというもの。ジョー・キャンプが監督を務め、歌手チャーリー・リッチさんが歌った主題歌「I Feel Love」は、第47回アカデミー賞の歌曲賞にノミネートされた。

 今回のリブート版では、ホラー映画でおなじみのブラムハウス・ピクチャーズが製作資金を提供し、ジョー監督の息子ブランドン・キャンプが監督を務める。キャストには『パージ:アナーキー』のキエレ・サンチェス、『ライト/オフ』のガブリエル・ベイトマンらが決まっている。

 撮影はニューオリンズとロサンゼルスで、すでに始まっているようだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)