気になる神経痛などを緩和するくすり湯登場!

写真拡大

バスクリンは、神経痛などを緩和する薬用入浴液「バスクリン くすり湯」を2016年10月24日に通信販売限定で発売する。

独自有効成分100%「生薬混合抽出液」(トウキ、チンピ、カミツレ)が温浴効果を高め、血行を促すことで身体を芯まで温め、年齢とともに辛いと感じやすい「神経痛・腰痛・リウマチ」を和らげてくれるという。

入浴剤なのでコンドロイチン・グルコサミンなどサプリメント等との飲み合わせの心配もない。

生薬由来の自然な香りと、明るいグリーンの湯(透明タイプ)が特長だ。

通信販売限定で取り扱う。

内容量450ミリリットル(約1か月分)、価格は通常購入3888円、定期購入2998円(いずれも税込)。