『まるわかり FinTechの教科書』(丸山隆平著・プレジデント社)

写真拡大

■ネットビジネスの先行企業が金融界の黒船に

メガバンクを筆頭に日本国内の金融機関各社は、欧米のフィンテックの最新動向に影響を受けながら、その潮流に乗り遅れないよう新たなチャレンジを続けている。しかし、今後の金融界を大きく動かす可能性があるプレイヤーは、既存の金融機関だけではない。

たとえば楽天グループ。金融業では新顔だが、そもそもはネットショップの運営から事業の領域を次々に拡大。決済システム、ポイントシステムを整えていたことから、EC市場が拡大するにつれて金融に進出してきた。本来は金融業ではなかったが、ネットビジネスで強大な力をもつ企業が、フィンテックを機に金融業に乗り出してくる――この流れは、日本の金融業にとっての“黒船襲来”となる可能性を大いに秘めている。

具体的な企業でいえば、Apple、Google、Amazon、Facebook、カカクコムなどである。

楽天や米Amazonが始めた、ネット通販の出店者への融資事業が、フィンテックの先行事例として注目されている。また、国内最大規模のインターネット比較検索サイトを運営するカカクコムは、2016年中に中小通販業者の資金繰りを支援するサービスを開始すると発表した。彼らの強みは、出店者の過去の売上推移、取引履歴、消費者の評価などのデータをすべてもっていることにある。金融機関に頼らなくても、店子の信用を把握、精査することができるのだ。

Amazonジャパンは2014年2月から、法人販売事業者向けの融資サービス「Amazon レンディング」の提供を始めた。ローン申し込みから最短5日間で運転資金の調達が可能で「資金繰りの心配をすることなく、商品の充実や成長戦略を考えほしい」と担当者は語っているという。

また、決済業務に乗り出そうという動きもある。Googleは2016年3月、新しいモバイル決済サービス「Hands Free」のテスト運用をシリコンバレーで開始した。特徴は、支払時に店員に「Googleで」と伝え、自分のイニシャルをいうだけで支払が完了すること。店員は専用端末でイニシャルをもとに顧客を検索し、表示される顔写真で本人確認する。利用者はいちいち端末をリーダーにかざす必要がないため、両手がふさがっていても決済ができるのは非常に便利だという。

まさに“検索”というGoogleのお家芸を店頭決済に持ち込んだわけだ。

■FinTechによって金融業は「サービス業」になる

Facebookを使った送金サービスを楽天が始めている。同社のホームページでは、飲み会の会費を払うのに口座情報は必要がなく、無料のアプリをダウンロードして、5分程度で振込みが完了するストーリーを紹介している。同様のサービスはLINE(LINE Pay)も展開しており、フィンテックが若者を中心に当たり前のサービスとして利用されるシーンが広がろうとしている。

また、スマートフォンで大きなシェアを占めているAppleは、すでにApp Store、iTunes Storeなどでの決済機能をもっている。今後、なんらかの形で、これらの機能を拡大していく可能性は十分にあるだろう。

2015年11月、米国で「Financial Innovation Now」という、フィンテック推進のためのロビー活動展開を目的とする団体が結成された。構成メンバーは、Apple、Google、Amazon、Intuit(会計ソフト)、PayPalの5社。「巨大銀行らがフィンテック業界の規制強化を求める動きを封じ込めることを目的とする」という。

ここに挙げられた企業は、いうまでもなくインターネット時代の申し子と言える存在。スマートフォンアプリ、検索サービス、EC(電子商取引)、会計ソフト、スマートフォン決済など、消費者向けのIT分野で先行し、すでに大きなシェアを確保している。

フィンテックによって金融業は「サービス業」になっていく。インターネットによる消費者向けサービスにおいて、世界でもトップクラスの実績をもっている彼らが、異業種ではなく同業者になったとき、すなわち彼らが本気で金融業に乗り出してきたとき――フィンテックはさらに次の段階に進むことになるかもしれない。

※本連載は『まるわかり FinTechの教科書』(丸山隆平著)の内容に加筆修正を加えたものです。

----------

丸山隆平(まるやま・りゅうへい)
1948年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。1970年代、日刊工業新聞社で第一線の経済・産業記者として活躍。企業経営問題、情報通信、コンピュータ産業、流通、ベンチャービジネスなどを担当。現在、金融タイムス記者として活動中。著書に『AI産業最前線』(共著・ダイヤモンド社)などがある。

----------

(経済・産業ジャーナリスト 丸山隆平=文)