原作者の描き下ろし
イラストを用いた新ビジュアル (C)2016フジテレビジョン 小学館
ジェイ・ストーム 東宝 OLM
(C)高橋のぼる・小学館

写真拡大

 生田斗真が主演した映画「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」の続編「土竜の唄 香港狂騒曲」の新ビジュアルが、このほど完成した。原作者・高橋のぼる氏が新たに描き下ろしたイラストを使用している。

 本イラストは、公式サイト(http://mogura-movie.com/)に掲載中の主要キャストが結集したビジュアルを、原作のキャラクターで再現したもの。元になったビジュアルの仕上がりに感動し、イラストの制作を自ら志願したという高橋氏は「公開に向けて私の魂もお祭り騒ぎです!」と語っている。

 「ビッグコミックスピリッツ」(小学館刊)で連載中の人気漫画を、三池崇史監督のメガホン、宮藤官九郎の脚本で実写映画化した前作は、興行収入21億9000万円を記録。原作で人気の高いエピソード「チャイニーズマフィア編」を映像化する今作は、暴力団組織・数寄矢会の潜入捜査を成功させた落ちこぼれ警察官・菊川玲二が、香港のチャイニーズマフィア・仙骨竜の撲滅を命じられ、最大の危機に見舞われるさまを描く。

 「土竜の唄 香港狂騒曲」は生田のほか、瑛太、本田翼、古田新太、菜々緒、仲里依紗、上地雄輔、堤真一、吹越満、遠藤憲一、皆川猿時、岩城滉一らが共演。12月23日から全国公開。