ヘレン・ミレンは舞台俳優のひとりに扮する (C)2016 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,
VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC.
AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

写真拡大

 「プラダを着た悪魔」のデビッド・フランケル監督の新作「コラテラル・ビューティー(原題)」が、邦題「素晴らしきかな、人生」として、2017年2月25日から公開されることが決定した。主人公の広告マンに扮するウィル・スミスのほか、ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワート・ノートン、ヘレン・ミレンらアカデミー賞受賞&ノミネート経験のある実力派キャストが結集している。

 冬のニューヨーク、最愛の人を失ったことで深い喪失感に見舞われてしまう広告代理店の代表ハワード(ウィル・スミス)。何に対してもやる気を見出せず、どん底の日々を送るハワードの前に、突如年齢も性別も異なる3人の奇妙な舞台俳優が現れる。やがて不可思議な言葉を投げかけてくる3人との交流をきっかけに、ハワードの人生が徐々に好転していく様を描く。

 クリスマスシーズンのNYを舞台に描かれる本作は、女優たちが着こなすファッションも注目すべきポイント。プラダ、グッチ、クロエ、トム・フォード、ジル・サンダー、イザベル・マランの秋冬コレクションやビンテージ、ハイブランドからリアルクローズまで、トレンド感満載の衣装がスクリーンを彩る。新オープンしたホイットニー美術館のレストランなど、劇中で登場する場所も最先端の人気スポットばかりだ。

 音楽は、「プラダを着た悪魔」でもフランケル監督とタッグを組んだセオドア・シャピロ。「スポットライト 世紀のスクープ」を第88回アカデミー賞で作品賞&脚本賞に導いたプロデューサー、マイケル・シュガーが製作を務めている。

 「素晴らしきかな、人生」は、17年2月25日から全国順次公開。