北朝鮮の労働新聞は22日、署名入りの論説を通じて「朴槿恵一味がどこに行ってもいわゆる『北の挑発』のほらを吹いている」としながら、朴槿恵(パク・クネ)政権を糾弾した。

論説は、「かいらいが大げさに『北の挑発』をうんぬんするほど、それは朝鮮半島で核戦争勃発の危険がそれだけ増大しているということを意味する」「『北の挑発』うんぬんは、北侵戦争挑発を告げる前奏曲同様である」と指摘した。

そのうえで、「南朝鮮のかいらいが『北の挑発説』を『政権』危機を免れるための盾として汚らわしい余命を維持しようとするのは誤算である」と強調した。