麺屋 彩未の味噌らーめん(750円)。2種類の味噌をブレンドした特製味噌ダレは風味豊か

写真拡大

全国のラーメン評論家とラーメン好きが投票して、その年のうまいラーメンを決める「ラーメンウォーカーグランプリ」。そのグランプリで、なんと4年連続で北海道総合部門1位を獲得し、しかも全国総合部門でも4年連続で2位に輝いた店がある。

店主の奥 雅彦さん。「味を落とすことがないよう体調を管理し、一日一日、目の前のラーメン一杯と向き合っていこうと思っています」

北海道・豊平区にある「麺屋 彩未」である。味噌らーめん750円は、今や札幌ラーメンの顔。プリプリの中太縮れ麺に豚骨ベースの魚介が香る濃厚スープが特徴だ。すりおろし生姜がさっぱりとしたあと味を演出する。

北海道のトップを走り続けている店だが、店主の奥雅彦さんは「常に新人のつもりで、真剣にラーメンを作り、一日一日、今日も明日もその繰り返し」と語っている。

開店前には行列ができているがストレスのない接客も素晴らしい。そんなところにも、お客さんやスタッフに対する感謝の気持ちが感じられるのだ。ラーメンに向き合う真摯な姿勢は、グランプリ1年目から本当に変わっていないのである。

 変わらないことは、まだまだある。新しい店や仲間の店といった他店の食べ歩きだ。最近は仲間の若い店主たちと一緒にラーメンラリーにも参加。ラーメンを食べた人だけが買える店主の顔をキャラクター化したシールで、これを集めるのがラーメンフリークに人気なのだ。ラーメンの食べ歩きしながらシール集めも楽しんでいるのだとか。仕事もラーメン、遊びもラーメン。つねに真剣。本当にラーメンが好きなのだ。

 北海道のラーメン店のトップランナーが自らラーメンを作り、そしてラーメン店巡りを本気で楽しんでいる姿を、若い店主たちは目標とし尊敬の念を抱いている。奥店主は変わらないままだが、その姿に周囲は刺激を受け、いろんなことに挑戦し切磋琢磨していく。ラーメンに向き合う真摯な姿勢、その影響力のなんと大きいことだろう。

2016年、札幌の名店はついにランキング殿堂入りした。

■住所:札幌市豊平区美園10-5-3-12 ■時間:11:00〜15:15(LO)、17:00〜19:30(LO)■休み:月(ほか月2回不定休あり) ■20席(カウンター10、テーブル10)禁煙

【北海道ウォーカー編集部】