大谷翔平が痛恨の失点 サインプレーに「タイミングが合わなかった」

ざっくり言うと

  • 22日の日本シリーズ2016第1戦で、日本ハムは広島に1−5で敗れた
  • 投手を務めた大谷翔平は2回、捕手からの送球をカットできず痛恨の失点
  • 大谷はサインプレーについて「タイミングが合わなかった」と語っていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング