カラダを捻る動作は「胸椎」がポイント(shutterstock.com)

写真拡大

 「腰痛の原因は腰にある」というのは、当たり前だと思われているかもしれない。もちろん、腰が痛むから腰痛なわけだが、「どうして腰が痛くなってしまったか?」と問うと、その原因は腰ではない場合も多い。

 腰が痛むのは「結果」だ。その「原因」は、別の箇所にある場合が少なくない。そのひとつに挙げたいのが、腰を挟む部位である「胸椎」と「股関節」である。今回は、胸椎に着目しよう。

脊柱の形は場所によって違う

 「脊柱の形は場所によって違う」というのは、意外に知られてない事実である。脊柱とは、いわゆる「背骨」であり、私たちの中心となる重要な部分だ。

 脊柱は上から、頚椎、胸椎、腰椎、に分かれており、それぞれ7つ、12つ、5つの骨が積み重なっている。つまり、合計24個の「椎体」と呼ばれる骨が積み重なって、脊柱を形成している。

 そして、その頚椎、胸椎、腰椎は、それぞれ<椎体の形が違う>。形が違うということは、それぞれ役割が異なるということだ。

 脊柱は24個の骨が積み重なり、それぞれ動かすことができる。24個の骨の動きを組み合わせて行うことで、私たちはカラダを曲げたり反ったり、ひねったり、複雑な動きを行っている。

 24個全てが動くということは、「それぞれに関節がある」ことになる。その関節面の形状は、首、胸、腰で違う。そこで頚椎・胸椎・腰椎には、<得意な動き>に違いが生じる。
<カラダをひねる>は<胸椎を動かす>が理想

 「腰をひねる」という言葉を聞いたことがあるだろう。

 ところが本来、「腰椎」は<ひねる動作(回旋動作)>が苦手な構造となっている。解剖学的には、腰椎は回旋動作を約5度しか行えない。一方、「胸椎」は、約30度の回旋が可能な構造である。

 つまり、私たちが「カラダをひねる」という動作を行う場合、本来であれば、背骨の部分では<胸椎を動かす>ことが理想なのだ。

 しかし、胸椎が硬くなって本来の動きができなかったり、そもそもそのような意識がないために「腰」を必要以上に動かそうとしてしまう。そのため腰部に負担をかけるはめになる。

胸椎を柔らかくするエクササイズ

 私たちは、「首痛」や「腰痛」という言葉は頻繁に聞くし、実際にそのような症状を生じたことがある人も少なくない。だが、「胸痛」という言葉はあまり馴染みがないし、実際に胸部が痛くなる人は少数である。

 そのため<胸部に注目する>のは、なかなか難しい。本来は動くべき「胸椎」が機能しづらくなるからこそ、その代償として腰をひねったりして、腰痛を発生している人を数多いるのだ。

 腰痛を引き起こす根本的な原因を追求した施術と指導を行う、腰痛専門サロン「こしらぼ」(北海道帯広市)を運営する谷口英一代表に話を聞いた。

 「腰通に悩む人は、かなり高い確率で<胸椎が硬い、使えない>。腰には一切触らないで、<胸椎の動き>をよくすることで腰痛がなくなる人が数多くいます」

 では、胸椎を<柔らかくする>にはどうしたらいいか? 自宅でも簡単にできる胸椎を柔らかくする運動を教えてもらった。

 「簡単にできるエクササイズをひとつ紹介します。まず、椅子に骨盤を立ててまっすぐ座り、腕全体を左右にまっすぐに伸ばします。そして、胸椎から回転するようにゆっくりと回ります。この時に息を吐きながら行ったほうが、余計な力が働かずに胸椎が動きやすいです。また、ゆっくりと戻ります。これを左右行います」

 腰をひねるのではなく、<胸をひねる>ことを意識するのがポイントだ。椅子に骨盤を立てて座ることで骨盤、腰椎が固定され、正しく胸椎が動きやすくなる。ぜひ試してほしい。

こしラボ:北海道帯広市。こしラボは市内で腰に不調を抱える方に対し専門的なコンディショニングを行っています。丁寧なカウンセリングにより不調が生じている原因を考え、検査でその問題を見つけます。背骨や骨盤のゆがみやズレを中心とした施術とあわせて、自宅でもできる正しい姿勢やトレーニングの方法を個別に提案し指導します。


三木貴弘(みき・たかひろ)
理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の医療、理学療法を学ぶ。2014年に帰国し、東京の医療機関に理学療法士として勤務。現在は札幌市の整形外科専門の医療機関に勤務する傍ら、一般の人に対しても正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。執筆依頼は、"Contact.mikitaka@gmail.com"まで。
 
連載「国民病"腰痛の8割以上はなぜ治らないのか」バックナンバー